YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

仁田峠から国見岳と普賢岳へ。。

IMPALさん

  • マイスター  ブラック
  • 自己紹介:まだまだ初心者です。

    20数年間続けているウォーキングで得た脚力と持久力を何かに試せないか?と始めた山登り。漸く山登りの良さが解ってきた感じです。写真も趣味ですので、一石二鳥ってとこですかね?笑

    宜しくお願いします。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

雲仙岳・普賢岳・島原半島

2015/11/04(水) 16:36

 更新
長崎, 熊本

仁田峠から国見岳と普賢岳へ。。

活動情報

活動時期

2015/11/04(水) 12:57

2015/11/04(水) 16:36

ブックマークに追加

アクセス

244人

文章

紅葉を目的に、仁田峠から国見岳に再開通した新登山道で普賢岳へ。

紅葉茶屋、鬼人谷口から国見岳。谷から国見別れの尾根へまでよじ登らせる坂道が凄まじい。さらに山頂手前の岩肌登りの鎖場が怖く緊張感満喫。山頂は狭い岩場。登山客は他におらず、山頂独占で満喫。国見岳まで休憩入れつつ下から1時間。

再び急坂を鬼人谷口まで降下。そこから西の風穴、北の風穴そしてジブリのアニメに出て来そうな苔むした岩や切株を楽しみながら鳩穴別れに到達。ここから望む大パノラマはしばし登山の疲れを癒してくれる。

ここから一方通行の狭い急坂を登り立岩の峰。真横には平成新山の不気味な姿。この高さまで成長した溶岩ドームの凄まじさを実感しながら普賢岳山頂。山頂から望む、国見岳、妙見岳山肌の紅葉が素晴らしい。

普賢岳山頂にて紅葉や平成新山、さらには眼下に広がる有明海、天草諸島、大村方面の雄大な眺めを独占しながら遅めのランチ。

再び急峻な坂道を降りれば数時間前に通過した紅葉茶屋。そこからまたモミの木の森林地帯を左に見ながら仁田峠へと帰還。

素晴らしいお天気と紅葉に恵まれた3時間半の登山でした。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間3時間39分
  • 活動距離活動距離5.08km
  • 高低差高低差294m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り624m / 637m
  • スタート12:57
  • 41分
  • 国見岳13:38 - 14:01 (23分)
  • 2時間35分
  • ゴール16:36

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン