YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

行者還岳!

いかポンさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:登山歴は数年、アウトドア歴は10年以上。
    主に平日の日帰り。
    主に金剛山地。大峰山脈、台高山脈。 低山を探検するのも楽しんでいます。
  • 活動エリア:大阪, 奈良, 三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1977
  • 出身地:大阪
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

八経ヶ岳

2015/11/05(木) 20:57

 更新

行者還岳!

公開

活動情報

活動時期

2015/11/05(木) 07:48

2015/11/05(木) 13:53

アクセス:397人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 966m / 累積標高下り 956m
活動時間6:05
活動距離9.86km
高低差492m
カロリー4196kcal

写真

動画

道具リスト

文章

行者還岳(ぎょうじゃがえりだけ)
うろ覚えだが、壁の様に立ちはだかる岩山の前に行者が諦めて還ってしまったというのが多分山名の由来だったと思う。

時間的な制約があるので、大川口からの鉄山と迷った末こちらを取った。

1年くらい前に遭難事件があったので、さぞ険しかろうと思っていたが、避難小屋から山頂への間だけ慎重さを要する以外はとても快適な山行きだった。

大峰山系でもそこそこマイナーな山だが、大峯奥駈道の尾根からの眺めは、南は弥山・八経ヶ岳・鉄山、北には稲村ヶ岳・バリゴヤノ頭・山上ヶ岳、西は七曜岳・大普賢岳、東も大台ヶ原まで見通せるワイドなパノラマが開けており贅沢極まりない。
足元は快適なササの道や苔生した道、山頂手前は岩場となりバリエーション豊か。

天気も快晴、見通しも良く、登山口付近の標高は紅葉のピークと、好条件が揃ったので、ヤマップにアップしたログの中でのベスト3に入ったと言える。疲れもそこそこでスッキリ爽やかだった。

時間があれば、大普賢岳や弥山・八経ヶ岳まで足を延ばせば豪華な山行きが楽しめるはずでだ。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン