YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

金山の紅葉偵察と、なすび🍆の渡渉訓練?

*はるちゃんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:山をはじめてかれこれ〇十年、無理をしないで、これからも山を楽しみます
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1950
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

脊振山

2015/11/06(金) 15:40

 更新

金山の紅葉偵察と、なすび🍆の渡渉訓練?

公開

活動情報

活動時期

2015/11/06(金) 09:16

2015/11/06(金) 15:36

アクセス:558人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,315m / 累積標高下り 1,358m
活動時間6:20
活動距離8.28km
高低差613m

写真

動画

道具リスト

文章

金山の紅葉偵察に行ってきました。

行きは、花乱の滝への狭い林道を金山登山口へ。帰りは、駐車スペースの前の林道が、通れるようになっていると思い、通りました。開通していました。

ちなみに、福岡側から行くと、有料三瀬トンネルと、三瀬峠の分岐を三瀬峠側に行くと、直ぐに左手に林道の入口があります。
これを進むと、右手に金山登山口があります。若干の駐車スペースがあります。路駐も大丈夫です。

このルートは、渡渉箇所が何度も出てきます。なすび🍆の渡渉訓練?を兼ねての紅葉偵察に来たのですが、例年に比べて今一つでした。(´・_・`)

沢沿いは、どうしても両側から陽の光が、遮られるため、紅葉を待たずに落葉してしまいます。
稜線に近づくにつれ、やはりそれなりの紅葉が、見られるようになってきました。
が、何時もの鮮やかな黄の紅葉ではありません(九州の紅葉は、主に黄色の紅葉です)。何か、色が抜けたような感じです。

山頂近くの稜線上には、赤の紅葉も現れてきます。これもやはり、色が抜けたような感じでした。

山頂には、同じ登山口から登られた、親娘連れと、三瀬峠から来られた男性が、居られました。3人とも、紅葉は、今一つですね。と、言われていました。山頂付近は、紅葉になる前に半分ほど落葉していました。

下山準備をしていると、70代の男性が登って来られました。多分、地元の方だと思います。
その方の話によると、今年は、日射量は、多かったものの、紅葉前に雨が少なかったのと、冷え込みが、少なかったため、1,000㍍弱の高度では、色付きが悪くなるとのことでした。

先月、くじゅうで、素晴らしい紅葉を見たばかりでしたが、高度で、良し悪しがでるものかと、その方の話を興味深く拝聴しました。
明日以降の雨で、少し、変わるかもしれませんよ。とも、言われていました。


渡渉に慣れさせるために、なすび🍆を連れてきましたが、登りは、3度ほど滑って落ちたり、始めから水の中に入り、泳いだりでした。
降りでは、自分で跳ぶ石を探して、水に一度も浸かることなく、渡渉しました。
なお、増水期には、渡渉が出来ない場合があります。迂回が必要になることがあります。

下山後、林道を走っていると、一部赤くなり始めた、ハゼが、目につきました。
一応、金山の稜線上の紅葉の見頃は、1週間後くらいと思われます。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン