YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

一ノ峯、二ノ峯、冠ヶ岳(出張登山)

roosterさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介: 山歩きを始めて1年が過ぎました。単独行もしくは、カミさんと2人での山歩きが中心です。時には、出張ついで(?)に出先の山々に登らせていただくこともあります。高さや名前に関係なく、自分が登って楽しい山に、たくさん出会いたいと思います。
  • 活動エリア:長野, 岐阜, 愛知
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1966
  • 出身地:愛知
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

阿蘇南側

2015/11/10(火) 09:03

 更新

一ノ峯、二ノ峯、冠ヶ岳(出張登山)

公開

活動情報

活動時期

2015/11/07(土) 08:52

2015/11/07(土) 14:23

アクセス:2221人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,730m / 累積標高下り 1,725m
活動時間5:31
活動距離12.46km
高低差563m
カロリー2537kcal

写真

動画

道具リスト

文章

 急きょ入った九州出張(佐賀、熊本)のオフ日を利用し、南阿蘇外輪山の一ノ峯、二ノ峯、冠ヶ岳に登ってきました! 比類のない壮大な眺望に、感動の連続!念願の九州初登山(大観望以外で…)を果たしました🎵

 本来は金曜日の夜に帰る予定でしたが一転、取引先とお食事をすることに! 結果的に、帰路は土曜日のフライトとなったため、念願の九州初登山が可能になったのでした!…先月の札幌とは違い、土曜日の最終便まではかなり時間があります。…選んだのはYAMAPの活動記録でずっと気になっていた南阿蘇外輪山の一角、一ノ峯、ニノ峯。阿蘇の野焼きによる独特の草大地。そこにそびえる比類なき山容の山塊。異世界に降り立ったかのような、その風情にぜひ浸ってみたい!そしてその後はできれば外輪山の稜線まで登り、カルデラ内の阿蘇五岳の勇姿をこの目に焼き付けたい!…。
 登山口までの道のりが非常にわかりにくく道幅も非常に狭いとの情報を得ていたので、レンタルしたのはナビ付きの軽自動車。直前の雨天予報に心が折れそうになりつつも「ここまできたら登るしかない!」と、綿密なコース計画を練って、その日を迎えたのでした。
1)早くから雨が降り出した場合の2時間コース(一ノ峯、二ノ峯ピストン)
2)途中引返の目安として外輪山の見晴台までの往復4時間コース
3)天気が保つなら冠ヶ岳までのピストン6時間コース
※早朝から本降りなら目的地を金峰山・霊巌洞に変更。

 土曜日の朝、曇天の下、未明の雨で路面の濡れた熊本市中心部から、レンタカーで南阿蘇方面へ30km、西原村へ向かいました。宮山の集落を徐行で抜け、曲がりくねった狭い林道を登っていきます。樹林を抜けると、林道脇の草地に駐車スペースが。はす向かいに「一ノ峯 二ノ峯 登山口」という小さな看板が立っています…。空は明るくなってきて、昼過ぎまで雨は保ってくれそうです。…6時間コースで行けるところまで行こう! 胸が高まります!

 1,000年の歴史があるという阿蘇の野焼き。その伝統によって独特の草大地が広がるこの界隈。この日は、雨予報のせいか、ほかに誰一人出会うことなく、笹とススキの大地を進みました。振り向けば雄大な熊本平野、目の前にはススキの原に覆われた一ノ峯…。圧巻です。360度の大眺望の中に、たった一人。吹き抜ける温かな風、揺れるススキの穂。…ここは天国なのか? 何という贅沢な山行なのでしょうか…。この日は下山直前まで奇跡的にほとんど人に出会いませんでした(冠ヶ岳の山頂付近で一組すれ違ったのみ。こんな雄大な道のりを独り占めする機会は、二度とないかもしれません…)。

 一ノ峯、二ノ峯を登り終え、わずかにのぞく青空を見て、冠ヶ岳登頂を決意。外輪山縦走路に向かいました。途中から樹林帯を進み、二ノ峯山頂から1時間ほどで縦走路の展望の開けた場所に出ました。左手眼前に、カルデラの中心・阿蘇五岳の雄姿が迫ります! …言葉を失う迫力! ここまで来て本当に良かった~!

 縦走路は途中に大変な急登(火山灰が混じった土でしょうか。湿るととにかく滑る!)や、急峻な崖があったりと実に変化に富んでいました。冠ヶ岳の山頂も360度の大展望、一ノ峯、二ノ峯から阿蘇五岳、南阿蘇外輪山の峰々が一望のもとに! 山頂で感慨に耽りながらおにぎりを食べ、もと来た道を戻って下山しました。終盤は空気が湿り雨が近い予兆があったので、二ノ峯と一ノ峯はトラバース、駐車場に向かいました。

 あと少しで下山というところで、ようやく人に出会いました。地元・西原村の方とおばあちゃん。そして熊本の登山者の女性の方。道すがらいろんなお話をするうち、地元の方からはさっき摘んだばかりのセンブリ(胃薬になる野草、以前養老山で花を見ました)を、登山者の女性の方からはビタミンたっぷりのゼリー飲料をいただいてしまいました。九州の方の優しさに、もう大感激です!
 さらにそのあと。通りがかったクルマの男性の方が「これ、落としませんでしたか?」。見れば自分の作った拙いコースタイム表。二ノ峯付近で見つけたとのことで、わざわざ下山後に自分のところに届けに来てくださったのです! うっかり落としてたんですね…。しかし、なんて良い人ばかりなんだ、九州の人は! 丁重にお礼を申し上げ、コースタイム表を受け取りました。この時、鉄塔コースについても教えていただきました。
 …実はこのコースタイム表は下山後の計画も書き込まれていて、肥後大津の文化ラーメンに立ち寄ることまで明記していたのです! あー恥ずかしい! ともあれ、旅の終わりにたくさんの人の温かさに触れ、心もあったまる山行になりました。

……そのあとは計画通り、肥後大津の文化ラーメンに直行! 今日も最高の味で、これまた大感激!
壮大な山々と心やさしい人々、世界一(個人的な感想です)旨いラーメン……。熊本、最高!九州、最高です!
 

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン