YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

くじゅう 南登山道8の字縦走

びばじゅんさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:糸島の山をホームとして歩いてます。

    ◆2014年の目標は、
    地元糸島の山を全(33)座制覇すること。

    ◆2015年の目標は、
    ①脊振山系を分割縦走。
    ②テン泊で満天の星の下で眠ること。
    ③17サミッターになること!

    ◆2016年の目標は
    ①三郡縦走
    ②出身校の校歌にでてくる山に登る
    です。

    周回ルートが好きです。
    薮こぎ、少し好きです。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2015/11/08(日) 13:32

 更新

くじゅう 南登山道8の字縦走

公開

活動情報

活動時期

2015/11/07(土) 09:37

2015/11/07(土) 15:53

アクセス:377人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,491m / 累積標高下り 1,475m
活動時間6:16
活動距離10.35km
高低差785m

写真

動画

道具リスト

文章

くじゅうを南登山道から8の字で稲星山と白口岳を縦走してきました。

赤川温泉の登山口駐車場に車をとめ久住山を目指します。
温泉の源泉が涌く渓流を通り、落葉樹の森を抜けると登山道後半は急坂が続きます。
登りに疲れると振り返り阿蘇方面の絶景で癒されながらゆっくりと高度を上げていき久住山に約2時間で到着。
山頂はにぎやかでした。
一等三角点にタッチしてすぐに稲星山へ向かいます。

遠くの雲海を眺めながら約30分で稲星山に到着。
10名ほどの先客がいましたが、皆それぞれの次の山を目指し出発。
ひとりきりの山頂となりました。

程なくすると、上昇気流でガスがどんどん上がってきます。みるみるうちに雲の中。
気流が落ち着くのを待って次の白口岳へ向かいます。

低木の茂みの道を歩きます。長袖長ズボン必須で、手袋が欲しいところです。
トレッキングポールは邪魔でしたね。

20分ほどで白口岳到着。山頂はガスの中、景色はまったく見えません。

白口岳を下り稲星山の分岐を直進。南登山口へ向かう登山道を下ります。
残念ながら、後はガスに囲まれ展望はまったくありませんでしたが麓近くの紅葉を楽しむことができました。
このコースは新緑も素敵そうです。

よし!あと三俣山1座で17サミッターになれそうです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン