YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

神威岳~烏帽子岳

よしひろさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:冬仕様の写真に変えました♪
  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1971
  • 出身地:公開しない
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

札幌岳・余市岳・砥石山

2015/11/07(土) 17:17

 更新

神威岳~烏帽子岳

公開

活動情報

活動時期

2015/11/07(土) 07:33

2015/11/07(土) 17:17

アクセス:365人

メンバー

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,226m / 累積標高下り 2,280m
活動時間9:44
活動距離16.59km
高低差907m
カロリー4161kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日は友人と樽前に行くはずでしたがキャンセルになってしまい、
その樽前山は来週にとっておくとして、今週はどこ行こうかなーとYAMAPを見ていたら
「ここだー!!」と目を奪われ、急遽行ってきました。
もとさんと神威岳~烏帽子岳。

朝7時に現地到着。
既に1組の方が入山されてい様子。
天気があまり良くなかったけど、午後から晴れるという予報を信じ、いざ出発!

最初のうちは林道をひたすら歩く感じ。
1時間程歩き、登山道に入ります。

すると、すぐに彼の落し物が!!
「やっぱいるんだねー」
「でもフレッシュじゃないから大丈夫だよね??」と
自分にも言い聞かせ、いつでも下山するという意気込みで?更に進みます。

道中は先日の台風の影響箇所や、雨で土砂が流れた箇所
もともと狭い細い道など、危険箇所が点在してました。

そんな道を進んでいくうち、厳望台到着~!
寒かったので、写真撮ってすぐに出発。

進んでくと最後のロープ場に。
ここは、夏場は軽く水が流れてる所らしく、
斜面に全体が凍ってました。
ロープがあっても足は滑って、ホント怖かった・・。
軽アイゼンが必要ですね。

ここから神威岳はすぐそこ。
山頂では、一通りの眺めを見ながら軽食。
あまりの寒さに、ダウン、手袋、ネックウォーマー装着。
そして烏帽子岳へ。

ここからの登山道はあまり整備されておらず、
途中、どっち行っていいかわからない箇所が2~3箇所。
よく見ると色あせたピンクテープがあり、これを頼りに進みます。

最後の急登に差し掛かった頃、みるみる晴れてきて、
暖かくなるわ、景色も良くなるわで、気分最高!
山頂ではお決まりのカップを食べ、食後にはカフェラテを。
普段はブラックだけど、山では甘い方が美味しく感じるなぁ。

ここから一気に下山と思いきや、アクシデント発生。

下山途中、男女1組に追いつき、
そのうち女性が何やら滑落し足を負傷した様子。
足がボッコリ腫れてました。

とりあえず持っていたテーピングで応急処置をしたものの、
駐車場まで、普通の足でも、まだ1時間以上はかかる場所。
まして彼が出るような所。
ほっとくわけにもいかないので、お手伝いをすることに。

日も短いため、あたりはすぐ真っ暗。
負傷した足を引きずっての登山道は危険過ぎなので、
持っていたヘッドライトを女性に渡し、
枝や石を払いのけながら、なんとか下山できました。

その後の経過、下のコメントを見ておわかり頂けるように、
病院へ行かれたそうで、結果は骨折してたとか・・・。
骨折は残念でしたけど、なんとか下山できたのは本当に良かった。

やっぱ山に危険は付き物なんだと、私たちも再認識できました。

最後に、負傷された方へ
来春早々には山に復帰できますよう、祈っております。
お大事に!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン