YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

待ちに待った三瓶山

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

三瓶山・大平山

2015/11/08(日) 16:28

 更新

待ちに待った三瓶山

公開

活動情報

活動時期

2015/11/08(日) 09:10

2015/11/08(日) 12:07

アクセス:599人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,340m / 累積標高下り 1,341m
活動時間2:57
活動距離6.40km
高低差554m

写真

動画

道具リスト

文章

私の車、11年乗っている。昨日車屋さんへ、「調子が悪いので見てください」。って言ったら、「何で?まだ直すんですか」って言われて、ショックだった。お金はないしー。うーん。
嫁に相談したら「私買い替えるから、お古に乗る?」って聞かれた。えーお古ー。
夜中、寝つけなくなり、明け方ふらーっと、車、大丈夫だよなーって思いながらドライブに出た。
西へ1時間、何となく三瓶山、西ノ原駐車場へ着いた。ようやく眠くなり、シートを倒して仮眠。目が覚めたら、外は明るかった。周りを見ると、ミニバン車がいっぱい。おー「私を励ましに来てくれたのか」と一瞬思ったが、大型犬を連れた人が、そこらじゅうを歩いている。これは何だ?。放送が流れた「えー整理券をお持ちの方は順番にお並びください」。野原に犬のコースが設置してある。ここから歩きだせば、途中で犬の歯形をつけられそうだ。車から一歩も外に出ないまま、運転して、北の原へ移動した。

ここから、のんびりと、紅葉でも見に登ろうかな。小雨の中、カッパ&ザックカバー装着で出発。最初は落ち葉の道をまったりと歩いていたが、だんだん雨が大降りになってきた。でも、Yamapの皆様に、三瓶情報を送り届けなければ。どんどん登って行くと、木には葉っぱも無くなり、大雨と強風になってきた。あれあれ、待ちに待った紅葉はどこだー。

山頂に着くと、全く何も見えなくなった。人の気配もなし。帽子が飛ばされそうになり、ザックカバーもパタパタしている。しばらく立ち尽くしていたが、何の為にこへ来たのか分からなくなった。仕方なく下山にうつる。登りは姫逃池コース,下りは、名号コースを行く。火山灰の黒土は滑りやすく、落ち葉の上を選んで歩く。写真を撮るにも、タブレットの上に水滴が流れ、シャッターを連打「ダダダダダ・・・・」。あっYamapの画面はどこへ行ったんだー。しゃがみこんでやっと元へ戻したが、以降写真も撮れなくなった。駐車場へ到着、車の中に全てを干した。

嫁から電話「いつ帰えんの?」私「あと2時間後ぐらいかな」嫁「カチャ」。
そうだ、アイラさんのように、三瓶情報を紹介しておかないといけませんね。
「みなさま、本日は登山日和で、紅葉がよく見えます。ぜひおこしください(^_^)」

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン