YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

登ったらカタツムリの開聞岳

不良中年Ⅱさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:シニア世代なのに街と山をウロウロの不良です。元気なうちに日本百名山を登り切ろうと、2015年の夏から1年間、オレンジのハスラーで全国の山へ出かけ、61~99座を終えました。○○症候群にならないよう、登れない阿蘇山は大切にしまっておきます。これからは近場の低山、アルプスのバリエーション、気になる二百名山などをめざします。冬山でも頼りになり、全国のヤマッパーと交流できるYAMAPに感謝しつつ、しばらく不良を続けます。
  • 活動エリア:大阪, 兵庫, 奈良
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:岡山
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

開聞岳

2016/01/29(金) 03:48

 更新

登ったらカタツムリの開聞岳

公開

活動情報

活動時期

2015/11/11(水) 12:38

2015/11/11(水) 16:04

アクセス:174人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 826m / 累積標高下り 831m
活動時間3:26
活動距離7.76km
高低差799m
カロリー1736kcal

写真

動画

道具リスト

文章

11月中旬、日本300名山にあと11座に迫った相棒との新潟の山行きが急遽中止。ぽっかり空いた時間と気持ちを埋めようと、翌日大阪南港から一人フェリーに乗って九州南部の山(開聞岳、霧島岳)をめざした。志布志港から車で1時間半、根占港からフェリーで山川港へ、車で開聞岳麓の公園へ。
開聞岳は、全山ほぼ照葉樹林の円錐形の斜面を巻きながら登る。頂上からは鹿児島湾や外海の眺望が素晴らしい!台湾あたりからとんできたのか、アサギマダラが二匹。頂上まで自生していたツワブキの黄色い花が疲れを癒してくれた。下山後は山川温泉へ。開聞岳を眺めながら露天風呂でのんびり。。そのあと霧島・韓国岳の麓へ向かいました。不良中年ならぬ不良老年の無謀な一人山旅・・・W

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン