YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

久住山麓発阿蘇山周回ドライブ

saka4725さん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:大学山岳部出身、就職後10年ほどは登っていましたがその後はもっぱらスキー、それも10年ほどで中断、仕事仕事の日々を過ごしました。たまに子供を連れて秩父の山に行くのが関の山でした。
    退職後山岳部OBと建てた青木湖湖畔にある山荘をベースに登山よりスキー優先で遊んでいます。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1936
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2016/04/13(水) 14:14

 更新

久住山麓発阿蘇山周回ドライブ

公開

活動情報

活動時期

2015/11/13(金) 09:58

2015/11/13(金) 15:55

アクセス:119人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,722m / 累積標高下り 4,692m
活動時間5:57
活動距離182.96km
高低差947m

写真

動画

道具リスト

文章

傘寿を目前にただ一つ残った九州を一回りするドライブの途中我が山岳部の部歌が「坊がつる賛歌」として世に出たきっかけとなった坊がつるー久住山を巡ることにした。そのため九重観光ホテルに宿泊。しかしその夕方から雨 あがりそうにない。
翌日も予想通り雨、山行予定をキャンセルして阿蘇一周ドライブを敢行することにした。
YAMAPはドライブにはなじまないと思ったがGPSをONにして軌跡を記録した。
ホテルからやまなみハイウエイを長者原に戻りUターンして牧ノ戸峠ー阿蘇周回へ、強風強雨の中ナビ頼りのドライブをやってきた。草千里から烏帽子岳が見えるところで天気が治まったのが救いであった。
宿泊を1泊伸ばし次の日も雨とガス、小康状態が見られたので牧ノ戸峠から九重登山を目指して装備を整えた途端また風とガスと強雨、よほど嫌われたようだ。
以後の日程もあるので坊がつるは別の機会に として竹田へ移動した。岡城跡に着いた頃は快晴、久住山はどうだったかな?

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン