YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

秋の紅葉伊賀サイクリング

山散歩さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:十数年運動をして無く、筋力ダウンとなり
    膝の古傷は階段を拒み始めた。

    そこで適当な運動を始める為、知り合いのチャリに参加し始めたのが4年前、調子に乗って2年前からは近くの山に登り始めて、昔の山行を思い出し再び、山にハマる。

    今は、近くの山5、サイクリング3、筏釣り1その他で筋力維持を理由にアチコチ徘徊中です。

    注意‼️
    新アイテム、YAMAPキーホルダーでパワーUPして、出没中❗️笑。
  • 活動エリア:三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1956
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

霊山(三重県)

2015/11/15(日) 13:15

 更新

秋の紅葉伊賀サイクリング

公開

活動情報

活動時期

2015/11/15(日) 10:16

2015/11/15(日) 13:15

アクセス:282人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 599m / 累積標高下り 610m
活動時間2:59
活動距離42.52km
高低差153m
カロリー1381kcal

写真

動画

道具リスト

文章

いつものように、秋の伊賀サイクリングに、エンデューロのメンバー4人で参加して来ました。
朝から雲行きが怪しい、伊賀方面雲がかかっている。9時から晴れる予想を信じ、霧雨の中を伊賀サービスエリアで買い出しを済ませ、朝食を食べながら走らせる。目的地に着く頃雨が止む。(^O^)/

9:00道の駅あやま集合! 受付を済ませ参加賞を受け取り自転車の準備して記念写真を撮りスタートを待つ、キャンセルも有り参加20名で、40分にスタート! 最初は下り路面が濡れている為、跳ね上げを避けて前車とズレて走る。今日は気温も高く湿気も有り汗も出てくる。坂道をいくつかこなし、最初の休憩地へ着く、ここで用を済ませるとデカい根っこが飾っているに気付き、写真を撮り戻ると行くぞの声がして皆のもとへ戻るとすぐスタートする。

この先、長い坂道を行くと大原ダム着、止まると汗が噴き出す!全員揃ったところで記念写真を撮る。記録の取り忘れ(+10km)に気付きスタートすると、一人がパンクでトラックに積まれていて次の休憩場所、道の駅土山で修理することに、また急な坂道を登り急な下りを注意して行き新名神をくぐるころ、また雨が降る1号線を左折し、道の駅土山へ、ここで饅頭とお茶のサービスが有り美味しく頂く、先ほどのパンクを修理するがもう一台交換中で手こずっていた。長い休憩の後雨が上がり用心の為カッパを着る。

雨と落ち葉のスリップに注意してやや平たん路を行き最後の休憩所甲賀駅へ、エネルギーチャージをして、写真を撮る。次も峠を数越えて長い坂を聞こえないが悲鳴を上げている足に頑張れと言い聞かせつつモクモクの前を通る。駐車場が満車だお風呂の時、車を止められないと考えながら続く坂を登り切るとゴールとなる。

落ち葉で汚れた自転車を車に積み、着替えをして部屋へ、待望の伊賀米弁当のご褒美を受け取りテーブルへ行き食す。(≧▽≦)美味い! 食後サービス券をもって喫茶コーナーへ、コーヒーと
●ドーナッツをみんなで外テーブル(割りばしで補強された)で談笑する。

予約していた大判焼き(栗)を受け取り、モクモクファーム駐車場へ行くと空きが有り運よく止める。写真を撮りながらお風呂へ、湯加減よくすべての露天風呂に浸かり新年会の話で長湯する。
ここで、前回下駄箱でつまずいたが、やはりもたついた(笑)が余裕で車のもとへ
忘れ物に気付かない爺が! 車に戻り携帯を充電しようと探すが無いΣ(゚д゚lll)ガーン 変な汗が
風呂へ戻り受付で聞くとロッカーの上に置いてあったのを受付に預けに来てくれていた。感謝!

誰だか分かりませんが有り難うございます。m(__)m  
はい爺です。 気づくだけに凄い(笑) 
そういえば、御在所岳~武平峠間に携帯の落し物は持ち主に戻ったのだろうか?

それからは、順調に帰路につき無事に家に着く!  お疲れ様でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン