YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

高取山 壺阪寺→高取城址→上子島→壺阪山駅

pencilさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:山登りを始めたきっかけは富士山に登ろうと思ったこと。
    最初に登ったのは奈良県王寺町の明神山(274m)。その約5か月後に富士山登頂を果たして目標はクリア。

    山登りは最高点が基本と思っていて、富士山も剣ヶ峰とお鉢巡りが基本。山は昼間に登るもので、多くの人が行うご来光登山には興味なし。富士山も朝登って夕方下山が基本で、10回の登頂とメジャーの4登山道制覇を果たして富士山は5年前にとりあえず卒業です。

    富士登山の練習で登り始めた金剛山の回数登山に見事はまってしまい、現在は2017年3月の500回登頂を目指しています。最終目標は1000回ですが、これは実現するかどうかはかなり微妙です。
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

音羽山(奈良県)・竜門岳・熊ヶ岳

2015/11/20(金) 14:18

 更新

高取山 壺阪寺→高取城址→上子島→壺阪山駅

公開

活動情報

活動時期

2015/11/20(金) 10:27

2015/11/20(金) 14:18

アクセス:190人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 405m / 累積標高下り 567m
活動時間3:51
活動距離7.53km
高低差467m

写真

動画

道具リスト

文章

私がいつも参考にしているウェザーニューズの紅葉chで高取山のモミジがもう見頃だということで、例年より約1週間早いですが、行ってみることにしました。

昨日と今日と出かける前の空模様がべた曇りで、昨日は出発5分前に中止を決め、昨夕の天気予報で、関西テレビの片平さん(気象予報士)の「今日は外しちゃいましたけど、明日こそは午後から晴れてくる」という言葉を信じて、今日は出かけることにしました。

ススキもモミジも日光次第で見え方はずいぶん変わりますし、とくに紅葉はバックの青空の影響が大きいので、やはり晴天のときに行きたいものです。壺阪寺に着いた頃はまだ空一面雲に覆われていましたが、高取城址に着いた時には日差しでモミジが輝いていました。

高取山にはほぼ毎年登っていますが、1回目以外は上子島からのピストンばかりで、五百羅漢は1度しか見ていません。今日は前回の宿題2つ(1つは高取城址から壺阪寺への道で、下山道の左上に見えていたお宮さんに立ち寄ること。もう1つは五百羅漢の手前で道が2つに分かれていて、前回は左の下り道を選択しましたが、もう一方の右に登る道を見ておく)をクリアするという目的もあります。

私の高取山の1回目は10年前で、そのときは壺阪山の駅から土佐の集落を抜けて上子島から高取城址に登り、下山は五百羅漢・壺阪寺を経て壺阪山駅まで戻るコースでしたので、今回は逆のコースにしました。さらに時間の都合で、壺阪山駅から壺阪寺まではバスを利用した軟弱ルートです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン