YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

みせん広場駐車場から、旅伏登山口まで

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

日御碕

2015/11/22(日) 10:39

 更新

みせん広場駐車場から、旅伏登山口まで

公開

活動情報

活動時期

2015/11/21(土) 11:52

2015/11/21(土) 15:14

アクセス:387人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,107m / 累積標高下り 2,106m
活動時間3:22
活動距離19.13km
高低差402m

写真

動画

道具リスト

文章

本日、旅伏から、坪背山まで縦走しようと思っておりましたが、午後、用事ができたので、弥山までの縦走でいったん打ち切り。弥山へ下りて確認したところ、午後も空いたので、散歩を再開しました。
Yamapの記録が2つに分かれてしまって、ごめんなさい。

午前中に歩いた縦走路で、空き缶を多く拾っていたので、腰の前で「ガランガラン」していましたが、ゴミ箱へ入れてスッキリ。飲み物を補給し、再び薬師谷から上り返します。
まっすぐ山頂まで登った後、縦走路を、鷺峠へ向かいます。
毎回、国道を戻っておりましたが、今度は、海岸線へ出ることにしました。
海はやっぱりいいな。猪目遺跡の上部はグリーンタフという、文字通り緑色をした岩盤があります。火山活動の中で、熱水による変成作用でこんな色になるようです。海岸の釣り場の中には、枕状溶岩(海の中へ溶岩が噴出したもの)など、島根半島ができる遥か前の火山活動の様子が見て取れます。自転車で半島入口付近まで来ると、洗濯岩のような形をした、牛切層が見えます。海が荒れた後、岩の中を見て歩くとワカナが迷い込んでいたこともあります。海岸沿いのゴミには、どうにかならないかと何時も思いますが、漂着ゴミが後を絶ちません。登山道のゴミなんて可愛いものです。
散歩が終わった後、11/22北山ミーティング前にと思い、散髪に行ったのですが、切っていただいた奥様と魚釣りの話で大盛り上がり、釣った魚の料理方法,粗末にしない精神,ゴミの問題など、一致団結しましたが、その他のお客様は、シーン。海を眺めたり魚釣りの話をしたり、釣りに行きたくなりました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン