YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

硫黄岳

猫さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:千葉, 神奈川, 茨城
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:6ヶ月未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

八ヶ岳

2015/11/24(火) 11:50

 更新

硫黄岳

公開

活動情報

活動時期

2015/11/21(土) 06:13

2015/11/21(土) 14:58

アクセス:618人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,299m / 累積標高下り 1,332m
活動時間7:47
活動距離10.76km
高低差897m
カロリー3168kcal

写真

動画

道具リスト

文章

雪山になる前の八ヶ岳はラストチャンスかも?
と硫黄岳へ行ってきました♪

唐沢鉱泉との分岐から桜平へ。物凄い悪路で車のお腹を擦るんじゃないかとヒヤヒヤ(汗)
街頭一つない駐車場へ到着。先客は1台だけ夏沢鉱泉に泊まられているのか無人でした。
真の真っ暗闇の中、やっと慣れてきた目で綺麗な星空を眺めることができました♪

軽く仮眠をとって出発の準備です。
前回の天狗岳へ行った日よりも温かく最低気温はマイナス2.5℃。
まずはショートカットで崖をずるずる下り、夏沢鉱泉までは沢沿いの林道を上って行きます。
硫黄の匂い&薪が燃える匂いが漂い始めると夏沢鉱泉到着です。
居合わせたお兄さんに夏沢峠経由からの方がお勧めだと教えていただきルートを決定。
休憩を終えて出発です。
ここからオーレン小屋~夏沢峠までは緩いだらだら登り。
夏沢峠の先からいよいよ本気登りです(^_^;)
樹林帯を抜け、ガレ&ザレ場を九十九折に登って…ひたすら登って…
大きな岩場を回り込み…この先にあの頂上があるんだ~!と見上げると
まだまだ続く急斜面 (´‐ω‐)=з
左手には爆裂火口壁が広がり右手には峰の松目が見え振り返ると天狗岳
遠くを見渡すと北アルプスや中央アルプスが見渡せる絶景!
それ故、進んでいる気が全くしない(~_~;)

やっとの思いで山頂へ到着。
どうしても硫黄岳からの富士山が見たくて
横岳の左手後方を見るために爆裂火口壁の先端へ。
途中、ホシガラスと遭遇し必死に写真を撮る私達(笑)
先端からは見事な富士山を眺めることができ大満足♪
山岳ヘリが蓼科山~天狗岳~硫黄岳~赤岳と巡回している姿に見惚れ(笑)
ホシガラス&富士山&山岳ヘリを満喫し硫黄岳山頂へ戻りました。

改めて広い山頂を散策です。
目前の横岳&赤岳&阿弥陀岳に圧倒され
いつか赤岳にチャレンジしようと話す私達。(岩場が苦手な私に行けるのかしら(~_~;))
360℃の絶景を満喫しました。

強風が吹き始め体感気温が一気に下がってきたのでロボット雨量計跡?の陰で休憩です。
この後は赤岩の頭に寄ってオーレン小屋に下りるか夏沢峠へ戻るか迷ったのですが
この景色に満足してしまった私は陽当りの良い夏沢峠でランチをとることしか頭にない状態(笑)

風に煽られながら、苦労して登ってきたガレ&ザレ場をあっという間に下り夏沢峠へ到着。
陽当りは抜群なのですが、風が冷たくて長居できません。
サッサと食事を済ませ下りることに。
凍っていた登山道はすっかり溶けて滑る心配もなく
あっという間にオーレン小屋を過ぎ夏沢鉱泉に到着。
あとはだらだら林道を下ってショートカットの崖は登らずにゴールのゲートへ。


次回は周遊してみるのも良いかな~(*^_^*)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン