YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

福智山系縦走 採銅所駅→八幡駅

tetsu.さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:公開しない
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

福智山・尺岳・雲取山

2016/11/13(日) 21:05

 更新

福智山系縦走 採銅所駅→八幡駅

公開

活動情報

活動時期

2015/11/21(土) 07:45

2015/11/21(土) 17:36

アクセス:747人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,733m / 累積標高下り 3,793m
活動時間9:51
活動距離29.96km
高低差893m
カロリー4907kcal

写真

動画

道具リスト

文章

以前YAMAPメンバーで登山した福智山。北の皿倉山、南の牛斬山を繋げて歩いてみました。
YAMAPの記録でも結構アップされてる方が多くとても参考にさせていただきました。
本縦走は約30キロの超ロングトレイル。やりきる覚悟と事前確認をしっかりして挑みます。
(事前の机上確認は電車の路線と登山口・縦走路の様子どんなかなぁといった感じです)

車を八幡駅に停め、採銅所駅まで西小倉駅経由で電車移動。
採銅所駅までは2両編成車両で各駅停車時に前方の車両しか開かない仕様で何だか新鮮でした。
採銅所駅では駅舎開業100周年の式典の準備で賑わっておりました。

最初の頂、牛斬山までは沢沿いの比較的ゆるやかな登り。
山頂直下の尾根に出ると開けた稜線に突入しそこから福智山まではススキが刈り取られた防火帯の開けた道を歩く。とても気持ちがいいのだがウワサ通り無限に続くのではと思いたくなるアップダウンの繰り返し。
しかし心配してた道中すべて草が刈り取られ藪漕ぎはしなかったです。
終盤のピーク、焼立山からは福智山が望めるがそこからガッツリ下ってまた上がる羽金山みたいな仕様。
(現地標識と登山マップの焼立山と赤牟田ノ辻の位置が逆です。現地は北側が焼立山でこちらに合わせて書いてます)

福智山に到着するとさすが人気の山。登山者が結構おられ片隅で昼食を取る。今日は霞み多め。
福智山から最終目的地付近の市ノ瀬峠までの登山道は前半と変わり木々に囲まれ見晴らしが無いものの緩やかなアップダウンで歩きやすい。
道中、双伍山まで0.5km標識を見て行ってみようと自然歩道から抜けたのですが、しばらく進んでも山頂らしき形は見えない。進む先は急な下りの斜面。諦めて引き返します。
引き返してしばらく進むが見慣れない景色、しまったルート外れた。周囲を見れば無数にテープが張り巡らされ分からない。
とりあえず自然歩道の方角に進んでると前方からソロの女性の方が!私と同じで双伍山に初挑戦されるそうで「この先ルート分かりづらいです」と伝えたら諦めて下山されるとのこと。
お言葉に甘えて自然歩道までの復帰、駐車場の市ノ瀬峠までご一緒させていただきました。感謝です。

市ノ瀬峠で女性とお別れし権現山を目指しますがここからは急登で心折れます。逆ルートだったら焼立山直下が最後の難関ですね。
そんなこんなで気力を振り絞り何とか皿倉山到着。振り返れば午前に登った福智が遠くに見え縦走の余韻に浸ります。
しかしもう日が暮れるため急いで下山。国見岩コースの直登ルートを小走りに進み、真っ暗になる前に八幡駅到着。半端なく疲れました。

実は福岡西部に住んでながら仕事は北九州メイン。
いつも仕事先から皿倉山や足立山が見え、ずっと登りたいと思っていた前者の山系挑戦完歩にスッキリしました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン