YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

This is the Man's World

蛸也さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:衣食住を担いで山に身を投じる事に重きを置き、テン場で過ごすチルタイムに最大の幸せを感じて春夏秋冬出かけております。

    グダグダとくだらない事をつぶやいていますが、いたって真剣なさんぴん世代です。

    余談が多くてすみません( ´_ゝ`)
  • 活動エリア:福岡, 佐賀, 大分
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1975
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

二丈岳・十坊山

2015/11/22(日) 03:25

 更新

This is the Man's World

公開

活動情報

活動時期

2015/11/21(土) 23:28

2015/11/22(日) 01:26

アクセス:528人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,329m / 累積標高下り 1,295m
活動時間1:58
活動距離8.29km
高低差550m
カロリー708kcal

写真

動画

道具リスト

文章

某月某日、未明の博多駅。イルミネーションに照らされながらその人は優しい笑顔でそこにいた。
週末の人混みの中、明らかに異質な光を纏っていて今から「ヤル」行為に目を輝かせる子供のように無邪気な笑顔だった。

とりとめのない話をしながら西に車を走らせる。ソコに近付くにつれ、確実に上がっていくテンション。

本当に笑顔の爽やかな青年だ。

福吉駅に降りた瞬間、今までのそれとはうって変わり、鋭い眼光でまるで獰猛な獣へと変身を遂げた。…と言いたいところだが、変わらなかった。変わらずにその笑顔のままアップを始める。


「ヤッテヤル…」と決意したその背中から立ち上るオーラが見えるようだ。
いや、確かに見えていた。


「じゃ!ちょっと行ってきます(笑)」

「楽しんできてねー(笑)」

そう笑って握手を交わす。

すでに目は【モード】に入っている。きっともう基山しか見えていない。
獣が野に放たれるが如く力強くサムライは歩いて行った。

その背中が消えるまで見送った。

しかし闘う男のオーラを間近で全身に浴びてしまい、独りになってもギンギンでムラムラが治まらない。
血がたぎって仕方がないw

クソww結局俺も、深夜に十坊山へ向かって歩きだした。


BGM

『旅人よ』 爆風スランプ


なんだか本当に安心したよ無茶して心を傷つけただろ?
なんだか本当に安心したよお前の笑顔に今会えたから
やるせない夜は街路樹をアンテナにしてあの人に
SOSでも打ちまくれ!
計算できない悲しみの

強い風に今立ち向かってゆく
遥か彼方を目指した旅人よ
いつか再び君に出会うまでは
どうかどうか笑顔を絶やさぬまま


36.5℃の体で乗り越えなければならないんだな
36.5℃の体でしっかりしなけりゃならないんだな
果てしない夜は月明かり カンテラにしてあの人の
優しさを胸に泣きまくれ!
どうにもならない悲しみの

強い風に今立ち向かってゆく
遥か彼方を目指した旅人よ
いつか再び君に出会うまでは
どうかどうか笑顔を絶さぬまま

広い宇宙の上を歩いてゆく
遠い遠い自分に出会う為に
カッコ悪い道を選んだ男
カッコ悪い夢を選んだ男

強い風に今立ち向かってゆく
遥か彼方を目指した旅人よ
いつか再び君に出会うまでは
どうかどうか笑顔を絶さぬままで




さて、
サムライと再会を誓い、男と男の固い握手を交わす。その門出を見送り自分も十坊山に登る。

でも…十坊山から下山したあと…

女子との待ち合わせがある為、その足で大分に走る事をサムライが知ったら怒るだろうか…?

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン