YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

赤岳鉱泉から硫黄岳〜横岳周回予定でしたが╮(╯-╰")╭

あずこさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:夫婦で楽しめる趣味をと思い 軽い気持ちでハイキングでもと 登り始めたら いつしかテント担いで歩いております(笑)
  • 活動エリア:大阪
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

八ヶ岳

2015/11/24(火) 11:55

 更新

赤岳鉱泉から硫黄岳〜横岳周回予定でしたが╮(╯-╰")╭

公開

活動情報

活動時期

2015/11/22(日) 07:00

2015/11/22(日) 15:12

アクセス:569人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,090m / 累積標高下り 1,841m
活動時間5:39
活動距離10.93km
高低差1,289m
カロリー2446kcal

写真

動画

道具リスト

文章

寒い朝 なかなかシュラフから出られず予定より一時間の寝坊(^-^;
生ハムとポテトサラダのサンドウィッチをスープとコーヒーで流し込み、のろのろと出発準備。寒い時期はパンはトーストしたいなぁo(´^`)o ウー

小屋にお水をもらいにいったら 皆さん朝ごはんの最中。 あおさんとはっちゃんの後ろ姿を見つけたので再会の約束と出発のご挨拶をしてお別れ(*゚▽゚*)

まずは硫黄岳を目指します
森の中を抜け 高度を上げるにつれて風が吹き始めます 今日の予報は晴れのち曇り 風速は10mちょっと?
赤岩の頭に着くと風は強さを増してきてキャップは飛ばされるかも(^-^;山頂の小さな避難小屋前で装備を整える

暫く硫黄岳山頂を散策。
間近に見る爆裂火口は迫力満点!
火口に近づき過ぎないよう注意(-_-;)

そして次は稜線を歩いて横岳へ向かうつもりだったのですが あまりの強風に私の中のヘタレ虫が やめとけ、止めとけと囁くので撤退を宣言!
納得できない相方は行きたいと言うので ここでお互いの健闘を祈り 別行動に(^-^;

相方と別れ 、来た道をそそくさと引き返し赤岩の頭にさしかかると あおさんとはっちゃんが(*゚▽゚*)
めっちゃ早い再会(笑)
ピストンの理由を話し、その方がいいよ〜って言ってもらい ですよね~( ̄∀ ̄)って自分を納得させてもらう感謝 感謝です(〃▽〃)

その後またもや記念撮影して お互い気を付けてと言葉を交わして今度こそお別れ(^-^;
あとは怪我なく下山することに集中。
途中 苔や木々に癒され自分のペースで接写を楽しみながら テント場に帰り 撤収の準備しながら相方の帰りを待ちます。
コーヒーを入れてオヤツを食べながら マッタリしてると相方帰還。ご無事で何よりでした(Ŏ艸Ŏ)

ラーメンを食べながら 横岳通過の様子を聞く やっぱり風が強く怖い場所もあったとの事で 私は行かなくて良かった(`・д・)σ ネッ
周回コースだったので こんな別行動もできるけど 完全縦走コースなら こうは行かないなぁ 今後の山行予定を考える機会になりました(=_=)

テントを撤収して下山
段々と雲行きが怪しくなってきて時間の割には暗くなるのが早い
美濃戸山荘まで あと少しのところで8歳くらいの男の子とすれ違う こんな時間でも登ってくるファミリーがいるのかと思っていたけど 保護者らしい人は一向に見当たらない
地元の子供?いや それでもひとりはアカンやろ 美濃戸山荘で休憩してると空身の女性がやってきて辺りをウロウロしている もしかして男の子ですか?と聞くと そうです見かけましたか?と 北沢の大分上ですれ違った事を伝えると 困った顔で登って行ったけど すぐ見つけられたかな?少し心配になった╮(╯-╰")╭

あと少しで駐車場と言っても 私達の車は美濃戸口。何台もの車に追い越されながら 心の中でチクショーと呟いたo(´^`)o ウー

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン