YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

富山市の里山、呉羽丘陵で散歩撮影

JunJunさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介: 引きこもり系パソコンヲタクが、デジカメを手にしてからはカメラとレンズの沼にハマり、被写体を求めて街を徘徊するように。が、街の被写体を撮りつくし限界を感じていたところ、齢五十にして初めて地元の北アルプス立山への登山に参加。この時から山の美しさに目覚めて山の撮影の魅力にハマる。
     以降毎週お天気が良ければ北アルプス北部や、地元の山々をデジカメを持って徘徊するように。年老いても元気に街や山をデジカメを持って徘徊できるようになるため、トレーニングと食事にも気を使う健康ヲタクでもあります。
  • 活動エリア:富山
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

富山市

2015/11/23(月) 13:38

 更新

富山市の里山、呉羽丘陵で散歩撮影

公開

活動情報

活動時期

2015/11/23(月) 08:17

2015/11/23(月) 10:38

アクセス:422人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 498m / 累積標高下り 488m
活動時間2:21
活動距離7.12km
高低差108m
カロリー910kcal

写真

動画

道具リスト

文章

【アクセス】
 歩きたいコースによって周辺にあるいくつかの駐車場が利用できます。

【お天気】
 晴れ

【感想/記録】
 事前の天気予報では22日はお天気は悪くなく、23日から崩れる予報でしたので、22日に金剛堂山に行ってきましたが、お天気が悪く被写体も無しと、不完全燃焼。そこで近くの呉羽丘陵で散歩しながら撮影する事に。今日は雲が多いながらも日差しがあり、金剛堂山へは今日行けば良かったと後悔。

 呉羽丘陵は散策コースが多数あり体力に応じてコースが選択できます。今日は白鳥城趾南駐車場に車を停めて、尾根散策コースを往復しました。呉羽丘陵は夏に来ると黒い煙と化したヤブ蚊の大群に襲われ、ボコボコにされた経験があり、春か晩秋に来るのが良いです。

 遊歩道の坂は階段として整備され、落ち葉あるもののほとんどが乾いており、滑るところも無くお天気が良かったので、気持ち良く歩けました。残念ながら平野部でも紅葉はほとんど終わりで、残り少ない紅葉や黄葉、落ち葉などを撮影しながら散策しました。広場のある御鷹台に到着した後は、また引き返し駐車場を過ぎて白鳥城趾へ行き、また引き返し駐車場へ戻ってきました。

 丘陵コースは結構アップダウンがあり、荷物を背負って歩けば登山のための体力増強にも良いかもしれません。トレランの方も見かけることがあります。晴れていれば立山連峰も見えるので、散策を兼ねた撮影には良いコースですね。雪が降るとスノートレッキングも楽しめます。

【注意点】
 特に無し。

【コース状況】
 整備された遊歩道ですので、特に危険箇所は無いと思います。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン