YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

鮎坂山(あゆさかやま)=西山

コックンさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2014年12月8日超低山歩きをはじめる

    一山一神(いちざんいっしん) 主義のつもり

    趣味=妄想

    特技=すぐ飽きること







  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1955
  • 出身地:佐賀
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

西山(鮎坂山)

2015/11/25(水) 15:32

 更新

鮎坂山(あゆさかやま)=西山

公開

活動情報

活動時期

2015/11/25(水) 09:46

2015/11/25(水) 15:31

アクセス:471人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,936m / 累積標高下り 1,963m
活動時間5:14
活動距離9.61km
高低差455m
カロリー2951kcal

写真

動画

道具リスト

文章

79座104山目。西山。別名鮎坂山。

バス釣りをよくしていた犬鳴ダムのいちばん奥にある駐車場から西山をめざした。

還暦同窓会で暴れすぎた疲れが残っていたうえに、鮎坂山が自宅から近いという油断があった。

やはり低山をなめるものではない。前の準備や地図の準備をしすぎるくらいして山歩きするものだと鮎坂山に教えられた。

写真にある案内図を見て、❌印が丁寧に書いてあるのに、
2008年の雪害で(中略)2015年の5月より歩けるようになった云々を読んで、薦峠(こものとうげ)をめざしたのだ。

倒木だらけで、道はわかりにくくて、雨は降ってくるし、歩いても歩いても倒木の下をくぐったり、倒木をまたいだり、越えたり、黒髪山や古処山や宝満山が天国に思えるような山道だったんだ。

数本の倒木の下で、バックパックをおろして、スマートフォンでYAMAP地図をみたことはたぶん一生の思い出になるだろう。

こもの峠にたどり着いたときは、自分に勝った!と勝手に思った。

こもの峠から西山までのロープありの急坂が天国に感じられた。

道標は全部「西山」なのに、頂上には「鮎坂山」と書かれていた。
立ち入り禁止なのに、囲いもなくて、とりあえず雨空の下、風景を眺めた。立花山や松尾山を見下ろし、海ノ中道から志賀島が不思議なアングルで見えた。

帰り道は、のぼってきた道じゃない道を選んだら、間違う、迷う、あともどり、すわりこみの繰り返しだった。

俺はたぶん
鮎坂山からたくさんのことを学んだし、おとといまでの自分ときょうの自分はなにかが違うような気がしている。

うぬぼれや過信は禁物だが、言葉では伝えられないなにかを感じた鮎坂山(西山)歩きだった!

鮎坂山に感謝します!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン