YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

当尾石仏の道

なかむらさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:メタボ対策で10年ほど前から山歩きを始めました。単独行がほとんどですが、時々妻と二人で行ったり、ハイキングバスツアーを利用したりしています。京阪神の主だったハイキングコースは行きつくしました。夏は日本アルプスへ数日間の縦走に行きます。海外はネパールのランタン谷トレッキングとキナバル山登山に現地ガイドを雇って一人で行きました。しかし、膝が悪くゆっくりでないこと歩けません。もっとツアーを利用したりして活動範囲を広げたいですが中級下のコースで精いっぱいです。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1948
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

奈良市 西部

2015/12/02(水) 21:42

 更新

当尾石仏の道

公開

活動情報

活動時期

2015/11/29(日) 10:35

2015/11/29(日) 13:24

アクセス:141人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 770m / 累積標高下り 672m
活動時間2:49
活動距離5.67km
高低差202m

写真

動画

道具リスト

文章

紅葉の浄瑠璃寺から当尾石仏の道を歩き岩船寺まで歩いた。紅葉を期待していたが少し早かったようだ。奈良斑鳩1dayチケットで近鉄奈良駅に着き、浄瑠璃寺行きの奈良交通バスに乗る。1dayチケットのフリー区間に浄瑠璃寺が含まれていてお得だった。浄瑠璃寺本堂で九体阿弥陀如来像(国宝)と特別公開中の秘仏・吉祥天女像(重文)を拝観する(本堂内以外は拝観料が不要)。石仏の道は岩船寺へ向かうと上り坂となるが、岩船寺へ行くバスが一時間に一本でバス待ち時間が長くなるので、浄瑠璃寺前で塔尾定食を食べ、ゆっくり岩船寺に向け歩くことにする。岩船寺からは下りなので下りの人が多かった。道標も道も整備されていて歩きやすかった。わらいぼとけから不動明王磨崖像を経由し岩船寺に向う。標高が高いので岩船寺のもみじを期待して行ったが、こちらはほとんど紅葉していなくてとても残念だった(三重塔の内部が特別公開されていた)、バスの時刻まで30分ほど時間があったので残りの三体地蔵と弥勒磨崖仏を回った。岩船寺前バス停からコミュニティバスで浄瑠璃寺へ戻り、接続されている奈良交通バスで近鉄奈良駅に戻った。奈良公園の紅葉は見頃とのことだったので、奈良公園の中を大仏殿、三月堂、若草山、春日大社と歩いたが、こちらも紅葉はすこし早かったようだ。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン