YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ダイアモンドトレール2

テントレックさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:地図を探していてこのサイトにたどりつきました。
    一年通じて、山歩き、岩登り、沢登り、山スキー(テレマーク)、シーカヤックなど自然の旅を楽しんでいます。依頼があればガイドもします。http://www.tentrek.net/
  • 活動エリア:鳥取
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:ガイド
  • その他 その他

槇尾山(槙尾山)・八ヶ丸山・岩湧山

2016/04/11(月) 00:26

 更新

ダイアモンドトレール2

公開

活動情報

活動時期

2015/11/30(月) 13:38

2015/11/30(月) 18:37

アクセス:158人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,404m / 累積標高下り 3,006m
活動時間4:59
活動距離16.90km
高低差795m
カロリー2368kcal

写真

動画

道具リスト

文章

 ダイアモンドトレールの2日目は金剛山から槇尾山までで、このほうが前日より少し距離が長いとのことなので薄暗いうちから歩き出しました。標高は低いものの細かなアップダウンが果てしなく続き、それも階段が多い(溝にならないようするためにもやむを得ない)のが応えます。その間の平坦な道は実に気持ちよく歩けるのが嬉しかったですね。それに岩湧山の萱原の頂とスカッとした展望が今までのしんどさを帳消しにしてくれました。滝畑の村から最後、槙尾山を越える頃にはすっかり日も暮れてヘッドライトを灯して歩きました。下山口には堺のNさんが車で迎えに来てくれていて、彼がいなければきっと滝畑からバスで帰っていたでしょう。前日に登山口まで送ってくださったⅯさんともどもに感謝です。
 今回の山行では、YAMAPのGPSを入れっぱなしで電池がどこまで持つか、山域を移るとき地図はどう表示されるのか確かめるつもりでした。電池は気温10度前後で2日間(22時間)で残10%でした。山域は新しく槇尾山のほうをダウンロードする必要がありました。2日分をつなぐ方法があるのかないのか、また、雪山の低温下ではどうなのか、次の疑問が出てきました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン