YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

青ガレ~武奈ヶ岳。帰りは細川越経由のダケ道で下山(8回目)

マサヤンさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:まいどです!!
  • 活動エリア:滋賀, 京都
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

比良山系・武奈ヶ岳・釈迦岳

2015/12/02(水) 22:35

 更新

青ガレ~武奈ヶ岳。帰りは細川越経由のダケ道で下山(8回目)

公開

活動情報

活動時期

2015/12/02(水) 07:12

2015/12/02(水) 15:57

アクセス:303人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,055m / 累積標高下り 2,030m
活動時間8:35
活動距離12.05km
高低差944m
カロリー5530kcal

写真

動画

道具リスト

文章

久しぶりの山行です。

今回は、琵琶湖側から武奈ヶ岳まで最短距離で行き、時間に余裕があったので北側の細川越へ向かい、広谷からイブルキのコバ、八雲ヶ原、北比良峠を通過して下りはダケ道で下山。久しぶりの山だった為、少し心配でしたが、少し足が張った感じにはなったモノの無事下山しました。


大山口~金糞峠(青ガレ)

日は照っていたモノの、冬らしい朝で気温は5℃台。序盤に少し紅葉は残ってたけど、景色と空気は完全に冬でした。前回来た時とも完全に雰囲気も変わり、「服装の難しい季節になったなぁ・・・」と実感。


深谷~コヤマノ岳
このルートは初めてでした。噂ではかなりの急登で、とんでもない上りが続くと言う事を聞いていたので、かなり構えて挑みましたが、どちらかと言うとダラダラ続く登りと言う感じで、違う意味で疲れました。中峠への登りと好みの分かれる所ではあると思いますが、個人的には中峠への上りの方が好きかも知れません。

コヤマノ岳~武奈ヶ岳
時間は30分程度ですが、最後の最後でチョットキツめの上りがあります。稜線に出ると、景色は良かったんですが、冬山らしい強風が吹き荒れていたので早めに出発。ツバ付きの帽子が飛ばされそうでした。

武奈ヶ岳~細川越~広谷~八雲ヶ原
武奈ヶ岳から釣瓶岳へ向かう稜線を下るのですが、粘土質のズルズル滑る道。以前数十センチではありますが滑落した事があり、覚悟して進みましたが前日購入した靴が良い仕事をしてくれたお陰で非常に快適に進めました。その後の前の靴では滑ってこけそうな場所でも何事も無かったかのように通過でき、ホッと安心です。。。細川越から八雲ヶ原までは比較的なだらかな道ですが、広谷の分岐からイブルキのコバへのルートが広谷側からだと少し分かり難い・・・

八雲ヶ原~北比良峠~大山口(ダケ道)
いつも北比良峠からは、神爾谷を下りますが、今回は駐車場の関係からダケ道を下りました。ダケ道は2回目になりますが前回と違い、落ち葉のお陰で足への負担が少なくて、疲れ気味でもイイ感じで通過出来ました。ただ、元々岩が多くて段差の大きいルートなので、油断すると浮石に足を取られそうです・・・


初冬の比良山系を行った今回の山行。あとは降雪を待つばかりと行った所でしょうか・・・夏の雰囲気から完全に風景が変わりましたが、雪が降ると今度は厳しさを見せる山へと変わりますが、それもまた楽しみでもありますね。。。。


AM  7:12 大山口手前駐車場(スタート)
    9:00 金糞峠
   10:23 コヤマノ岳
   11:00 武奈ヶ岳
   11:38 細川越
PM 12:15 広谷小屋
   12:54 八雲ヶ原(昼食)
   13:45 出発
   14:04 北比良峠
   14:57 カモシカ台
   15:57 下山



コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン