YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

1031段の階段を登れば山頂の横手山

ikkoさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:登山歴は20年以上になる熟女です。
    最近は足腰が弱ってきて、お気楽ハイキングがメインとなりつつあります。
    登山中で一番怖いのはスズメバチ、次に熊です。
    その次は山には関係ないですが、幽霊です。
    若い頃はよく見ましたが、今はまったく見えなくなりました。
    聞くところによると、純真な心の状態の時に見えやすいとか。
    今のわたしは心も年齢と共に汚れてきているようです。
    でも、山に登れば心が洗われます。
    残念なことに翌日にはまた心は…
    その繰返しです。
    そして、また山に行きたくなるわけですね。
    四季を通して身近な山に登ってます。
  • 活動エリア:新潟
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:新潟
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

守門岳・浅草岳

2015/12/03(木) 09:51

 更新

1031段の階段を登れば山頂の横手山

公開

活動情報

活動時期

2015/11/30(月) 12:00

2015/11/30(月) 15:30

アクセス:194人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間3:30
活動距離0m
高低差0m
カロリー1301kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今から20年くらい前にこの山に登ろうとしたことがあった。
ところがその時は「私用地につき立ち入り禁止」の看板を見て断念。

それが最近、山仲間からこの山に登ってすごく良かったと聞いて案内してもらう約束をした。
そして気になったのが「私用地」のこと・・・
なんてことはない、道を間違えていただけのことだったらしい。
20年前は刈谷田川ダムが登山口となるのに、そのずっと下の「刈谷田ドライブインに向かっていたみたい。
と言うわけで今回初めて横手山に登ることが出来た。

それにしても何のために1031段もの階段を作ったんだろう?
ダムを作る時に何か必要だったのかしらん?
謎は解けなかったけど、階段を登ってその先に待っていたのは絶景だった。

目の前にど~んと守門岳が聳えている。
そしてコンクリで出来た東屋。
コンクリで作られても東屋と言っていいのかわからないけどめちゃくちゃ立派。

山頂の先にも道が続いていたので最後まで行ってみることにした。
多少のアップダウンはあるけど緩やかで歩きやすい。
途中には綺麗なブナ林もある。

山頂から1時間もかからずにたどり着いたのは道院のキャンプ場だった。
途中からは雪が増えてこの冬初の雪の上を歩いた。
もちろん長靴を履いているので全然大丈夫!
雪の上をサクサクと歩くのは気持ちいいね。
池に映る守門岳が綺麗。

で、また今歩いてきた道を戻ってダムへ。
休憩を入れても3時間半で山行を終了。

またお気軽に登れる山がひとつ増えた。
これから雪に覆われるので来春までは無理かな・・・

実は2台の車で行って道院からダムへと歩くつもりだった。
ところが道院へ向かう途中、標高500メートルを過ぎたら積雪が50センチくらいになり
2駆の車ではどうにもこうにもならなくなり、たまたま道院から戻ってきたおじさんに助けを求めて
やっとのことでダムに戻ってきたのだった。
もちろんスノータイヤだったんだけど。

でもダムから道院まで歩いてみれば車を回す必要などないくらいの距離だった(^-^;
往復しても3時間くらいだからね。
いよいよスノーシュー歩きが始まるね(*^-^*)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン