YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

古処山 頂上決戦👊

こぴろきさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:なんとなく近場の山に登ったら、夫婦でドハマり(^_^;)

    と言っても北九州近辺の低山を回る程度のヘナチョコ夫婦です
    登山後の温泉がご褒美

    毎週土日は、命の危険(崖登り)を楽しむようになった子供達も引き連れて、相変わらず近場の山々を彷徨っています
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

古処山・屏山・馬見山

2015/12/05(土) 19:30

 更新

古処山 頂上決戦👊

公開

活動情報

活動時期

2015/12/05(土) 08:29

2015/12/05(土) 14:04

アクセス:921人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,113m / 累積標高下り 1,069m
活動時間5:35
活動距離7.30km
高低差562m
カロリー2084kcal

写真

動画

道具リスト

文章

明日は終日、休日出勤…
今日はガッツリ行きたい!
ということで、今回は「古処山→屛山→馬見山ピストン」を狙うことに

ある程度の距離になるので、相当早く歩かないと😆ということで、スタートも妥協して、五合目登山口から。

紅葉谷コースからまずは古処山山頂へ。ここで早くも隊員たちから「お腹すいた」のシュプレヒコール🎵
用意した軽食を各自補給し、急いで屛山へ向かう。

ところが、前回たどり着けなかった「大将隠し」と「奥の院」へのルートをアッサリ発見。これが大間違い。
これ…本気でヤバいかも…と、初めて思った。滑る足場+数段の鎖…踏み外せば大怪我間違いなしなその危険度は、鋸山を凌駕する

とはいえ、奥の院や大将隠しの雰囲気は、やはり一度は体験しておかないと…ということで、後悔はありません😊✨
部下が必死に戦ってる時に、こんなところにコッソリ匿われた隊長(大将)は、どんなことを思ったのだろうか…

だいぶロスし、急いで屛山山頂へ。
この時点で12時を回っている。
5時に小倉に帰り着くには、今から馬見山は無理…ということで、ここでランチ。
天気はいいけど、風が強い。気温は3度。寒い。ウルトラライトダウンのうえにカッパ着ても、寒い😱
せっかくできた塩焼きそばが、あっという間に冷めていく。最後の方は、冷やし中華状態。

大急ぎで帰宅準備。帰り道は、頂上決戦以外は特に大きな問題もなく、無事に登山口へ生還。

本日の教訓と課題
・冬の山頂でどのように暖をとるか
・ジェットボイルはマジで必要
・恐竜とキャラクター、両方ウケなかったら、今後どうするか

これからますます寒くなるので、次回までに吟味しないと。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン