YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

信州百名山 熊伏山 もはや雪山

tomoさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2015年5月から山歩きを始めました。
    子供の頃から毎日のように見てきた南アルプスを登るのがとりあえずの目標です。
    いずれは日本百名山制覇もできたらと夢に描いてます。
    YAMAPと出会い、皆さんの活動記録を参考にさせて頂いたり、楽しい日記を読ませて頂きモチベーションを上げています。

    これまでに登った山
    日本百名山 31/100
    富士山 3776m ②
    塩見岳 3052m
    仙丈ヶ岳 3033m ②
    乗鞍岳 3026m
    甲斐駒ケ岳 2967m
    木曽駒ヶ岳 2956m ②
    八ヶ岳連峰(赤岳)2899m
    空木岳 2864m
    白山 2702m
    金峰山 2599m
    日光白根山 2578m
    蓼科山 2531m
    荒島岳 2523m
    男体山 2486m
    甲武信ヶ岳 2475m
    火打山 2462m
    妙高山 2454m
    焼岳 2444m
    燧ヶ岳 2356m
    四阿山 2354m
    高妻山 2353m
    瑞牆山 2230m
    恵那山 2191m ③
    苗場山 2145m
    会津駒ヶ岳 2133m
    雲取山 2017m
    谷川岳 1977m
    巻機山 1967m
    両神山 1723m
    丹沢山 1567m
    天城山 1406m

    信州百名山
    塩見岳・仙丈ケ岳・甲斐駒ヶ岳・木曽駒ケ岳・空木岳・甲武信ヶ岳・焼岳・恵那山・大川入山・鬼面山・富士見台・南木曽岳・風越山・経ヶ岳・戸倉山・熊伏山・守屋山・入笠山/・蓼科山・乗鞍岳・小秀山/・四阿山/根子岳・高妻山・金峰山・天狗岳(八ケ岳)・苗場山 
  • 活動エリア:長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:長野
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

熊伏山・観音山

2015/12/06(日) 11:08

 更新

信州百名山 熊伏山 もはや雪山

公開

活動情報

活動時期

2015/12/05(土) 10:14

2015/12/05(土) 14:05

アクセス:646人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 776m / 累積標高下り 871m
活動時間3:51
活動距離5.60km
高低差667m
カロリー1525kcal

写真

動画

道具リスト

文章

昨日は飯田市でも初雪となりました。舞った程度で積雪にはなりませんでしたが。
しかし近くの山は上の方が白くなっています。
今週は何処の山に登ろうかと、いくつか候補を考えていましたが、雪がなさそうな南へ向かう事にしました。

熊伏山は 日本三百名山であり、信州百名山の最南部の山になります。
山蛭が多いと言う情報があり、行くなら寒くなってからにしようと考えていた山です。
登山口は、長野県と静岡県の境の青崩峠と天竜村平岡の2か所にあります。
今回は、多くの方が登られる青崩峠のルートで登る事にしました。

8時に家を出発
矢筈トンネルを使いR152へ、このまま行ければいいのですが、長野県側のR152が青崩峠のかなり手前で通行止めになっているので、県道で兵越峠を越え静岡県側のR152へ回り込みます。峠近辺は車道に雪が積もっていたので、冬タイヤやチェーンが必要でした。
10時 駐車場到着
駐車場には、すでに5台ほどあり、準備をしている人や、すでに出発したらしい車があります。
それなりに人気がある山のようです。

10時15分 出発です。
駐車場すぐ上に、塩の道と書かれた石碑があります。遠州灘から青崩峠までさらには諏訪まで続く塩の道です。
石碑のすぐ横に塩の道の入口があり、杉林の中を石畳の道が続いています。
しばらく行くと、信玄の腰掛岩があります。京への上洛を目指した武田信玄が、青崩峠を越え、対峙する徳川家康との戦いの場、三方ヶ原に向かう途中腰掛けたと伝えられているそうです。
また少し行くと、建次屋敷跡と言う場所があります。ここには、秋葉街道が盛んに往来があった頃 茶屋があり、かなり貯め込んでいるのを見た盗賊が、茶屋を襲ったという。なんだか中途半端な物語がかいてあります。

10時30分 青崩峠到着
ここには、休憩スペースと青崩峠の案内板(旧水窪町設置)とお地蔵さま、静岡県史跡の立派な石碑があります。
ここを真っ直ぐ行き下ると、長野県になります。
静岡県史跡の石碑の横に登山道入口があり、ここを登って行きます。

道の雪はそんなに多くなく滑ることもまだありません。
右側に青崩れの崩落地を見ながら、登って行きます。
途中からかなりの急登にかわり、高度を一気に上げて行きます。

11時20分 反射板到着
少し広いスペースにあり、視界も開け南アルプス最南部に続く山々が見えています。

雪も少し増え、3cm程度あります。
急登を少し登ると、比較的なだらかな尾根になります。

また少し登ると景色は一変、そこからは真っ白な樹氷の世界です。
あまりの美しさに、心踊り、沢山の写真を撮りながらゆっくりと登って行きます。

12時 前熊伏山に到着
積雪は10cm弱、サラサラのパウダースノー、アイゼン無しでも意外と滑らないですね。

12時20分 熊伏山 頂上 1653m 到着
積雪は10cm位です。
頂上からの展望は、南アルプス最南部が見えるはずですが、高い所が雲に覆われてしまい、今日は見る事が出来ませんでした。
今日は初の雪上ランチです。白く輝く樹氷をみながらのカップ麺、何時もとは一味違います。
しかし寒い、食事の間手袋を外していたので手が凍えてしまいました。長居は出来ないので急いで撤収。

13時 下山開始
頂上に先着された方や、後から来た方も、登りはアイゼン無しで来られ、下りはアイゼンを着けて行かれました。
実は今日はアイゼンなしです。買って準備はしてあったのですが、まさか熊伏山でここまで積雪があるとは思わす持って来ていません。
何時もより慎重に下る事で対処して下山しました。

14時10分 駐車場着 無事下山できました。

今回の山行は、雪を避けて南へ向かったのですが、まさかの銀世界でした。
この時期、アイゼンは持っていなくてはならないアイテムのようです。
次回の山行にはザックに入れて行く事にします。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン