YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雪山ってどうなのよ(雪山初体験)

an(アン)さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:幼少の頃から釣り一筋で自然との対話を楽しんできましたが、2015年春渓流釣りの再開からYAMAPを知り、みんなの活動日記を見ているうち僕も山に登ってみたくなり始めました。
    元々写真が好きで、今では「写真を撮るための山行きスタイル」になっています。
    Toy's Member。岩手県大船渡市在住。
  • 活動エリア:岩手, 秋田
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:岩手
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

五葉山・愛染山

2015/12/06(日) 11:52

 更新

雪山ってどうなのよ(雪山初体験)

公開

活動情報

活動時期

2015/12/06(日) 08:59

2015/12/06(日) 11:52

アクセス:847人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 835m / 累積標高下り 831m
活動時間2:53
活動距離5.42km
高低差405m
カロリー1144kcal

写真

動画

道具リスト

文章

初めての雪山。
普段から雪の中を歩く習慣はもちろん、30cm以上の積雪なんて見ることすらないので、ドキドキワクワク(笑)。

赤坂峠登山口駐車場入り口で、ちょうど下山する車が2台。準備をしていると到着する車が2台。1台は即撤収して行った。
登山口で瞬間風速20m強(たぶん)。山頂の予報は風速27m(瞬間なら35m位?)。帰るのも納得か・・・(笑)。
今回は山頂を目指さず、雪山の体験学習につき四合目畳石までと目標を設定。

はじめの内は積雪20~30cm程度で雪が重く水分が非常に多かった。
先行者の足跡は一人のような二人のような・・・をたどりながらいつもの調子でゆっくり登る。
いつもカメラは裸のまま持ち歩いていたが、今回はさすがにバックに入れた。
気温は何度か分からないが、0℃以下でもバッテリー次第で動作可能らしいので、予備バッテリーはズボンのポケットに入れて保温しておいた。

バッグからカメラを取り出すのが面倒なので、今回は写真が少ないです(笑)。

四合目の畳石辺りまで登ると、下山してくるワカンジキやスノーシューを付けたグループ5人位?に遭遇。昨夜はシャクナゲ荘に泊まったらしい。
始めて見た、ワカンジキ、スノーシュー。なんかかっこええ(笑)。

身体は十分な血流になっていて、もっと登れと脳に指令を出したようで、もうちょっとだけ登ることにした。
そして6合目で、なんとなく雪山登山の要領というか、どんなものなのかが少し分かったところで撤退としました。

下山時には数名の方々とすれ違いましたが、上空の風は強いものの、樹林帯の中はほぼ無風で天気が良いので、後を追ってシャクナゲ荘あたりまで行けばよかったかな?とちょっと後悔(笑)。
雪道も楽しいかも。
天気の良い日にまたチャレンジしてみたいものです。

ワカンジキ?スノーシュー?どっちが良いのだろうか?(笑)。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン