YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

〝ホームでミーティング〟六部堂から皿ヶ嶺

くりきんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:ファミキャン・ソロキャンプを中心に楽しみ
    その後登山を始めました。
    YAMAP を通して出会いもありキャンプと週末山行を楽しんでます^^
    どうぞ、気軽に覗いてください!
  • 活動エリア:高知, 愛媛, 徳島
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1968
  • 出身地:愛媛
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

皿ヶ嶺・梅ヶ谷山・うなめご

2015/12/09(水) 08:31

 更新

〝ホームでミーティング〟六部堂から皿ヶ嶺

公開

活動情報

活動時期

2015/12/06(日) 07:47

2015/12/06(日) 15:17

アクセス:1088人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,521m / 累積標高下り 2,515m
活動時間7:30
活動距離12.71km
高低差673m
カロリー5058kcal

写真

動画

道具リスト

文章

前回のしばてんさんとの山行中での会話で師走に入り多忙になってきたので僕は年内は来週の日曜日の山行を皿ヶ峰で登り納めると、しばてんさんに言うとそれなら登ったことがないからソーヤさんに伝えて皆で登るとおっしゃる!

イイのかな~高知からだと遠路になるし...
結果、高知からアプローチ時間が短い久万高原町から六部堂コースで周回する山行となった。

先週の爆弾低気圧で皿ヶ嶺も雪が残ってるはず、せっかくだから皆さんで雪山行を楽しみたかった。

国道沿いのトイレ休憩所に駐車し待ち合わせ、皆さん揃ってYAMAP スタートし久万スキーランド入口へ向かいさらに登山口へと進む六部堂コースは僕にとってはリベンジ山行になる
まだ、山登りを始めて間もない頃にテープをたよりに雪の六部堂コースを登り沢の上の作業道から十字峠への直下で降り積もる雪深さと近ずく落雷音で(*_*)恐くなり慌てて逃げ下った経験がある!

話がずれましたが山道に入って林道に出ながら山道を登り途中では、水量タップリの好きな沢を楽しみ分岐から急登へさしかかると辺りはさらに雪で真っ白(^^)
急登も雪を踏む感覚を楽しみながら十字峠へ
峠分岐からの、途中で視界が拓け山道越しに東温市を皆で望み下りながら自然林を抜け目の前には竜神平・愛大小屋が見えるが、まだ山メシには早いので風穴・上林峠の分岐から上林峠方向から自然林を抜け周回し竜神平に戻ることにした。

周回して戻ってくると愛大小屋の前で皿ヶ嶺ではよくお会いする〇〇さん親子に会い小屋休憩をご一緒させて貰うことに
今月、誕生日ののせっちさんを祝いノンアルで乾杯~
しばらくして、〇〇さん親子とはお別れ!

山メシの準備にかかり、写真のオロチョンラーメン・〆のゾースイを作って食べソーヤさんからお裾分けのずんだ餅を食べ終わる時には、皆さん片付け終わってました!(笑)
腹も満たせたので山頂に向かいます。山頂への山道は、沢山の踏み跡が初冠雪後にけっこう登山者がいたようだ。山頂に着くも貸切り状態!
そこで、撮影会が始まりしばてんさんの山ガール風ポーズには思わず(爆)

楽しい時間も過ぎ山頂側の六部堂越えコースで下山します。ここからのコースは始めてで傾斜がキツいのは知ってましたが雪の山道をツルツル滑り降りるような下山になりました。
これを、登るのは.....(笑)

林道から山道に入り自然林・沢・植林を抜け鳥獣柵を開閉し山道は終り国道に出てトイレ休憩所のある駐車場に戻りYAMAP 終了

久万スキー場・町内の周辺には温泉がないので石鎚山行後に、利用してた岩屋荘で岩風呂に入浴する事に、暖まってサッパリし2回目の乾杯!
今回は猪の唐揚げを注文!サラダが添えられた唐揚げは漬けダレでシッカリ下味がついて猪の肉も臭みがなく砂ずりより柔らかくしたような食感で美味しかった~

入浴後の楽しい時間も過ぎソーヤさん・しばてんさんとはここでお別れ!

のせっちさんは、松山への所用も兼ねて奥さんと待ち合わせ場所に来られ、奥さんは先に松山へ行かれてたので山行後は僕のマイカーでご一緒しドライブを楽しみ、ご家族の待つ松山へお送りしお別れ
そして、僕も自宅に帰宅!
            
              19:00着
あ~今日も、楽しかったな~
なんとか、年内にもう一山どっかに登りたいな~

              おわり

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン