YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

くじゅう17サミッツやってきました…(;´∀`)

みーたくさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:最近はどっぷりUL化進行中です(●´ω`●)よろしくお願いしまーす( *´艸`)
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1978
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2015/12/10(木) 01:35

 更新

くじゅう17サミッツやってきました…(;´∀`)

公開

活動情報

活動時期

2015/12/06(日) 03:29

2015/12/06(日) 17:56

アクセス:494人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,702m / 累積標高下り 3,671m
活動時間14:27
活動距離21.50km
高低差600m
カロリー5045kcal

写真

動画

道具リスト

文章

はじめて知った時は「わ~ストイック」って思いました…くじゅう17サミッツ

くじゅう連山の1700mオーバーの山を一日で回る山行で全部で10座('ω')ノ
三俣山南峰をいれないのか?9座の方もいますしコースも特に決まりがあるわけではないようで
少し曖昧なところがあるチャレンジで…( ̄▽ ̄)ですがそんな名称が付くとやってみたいものですよね?
で…まんまとやってきました(;・∀・)…

鹿に見送られながら?3時に牧ノ戸に到着🚙
今回もヒロキさんと一緒に挑む⤴車が2台あるのだから1台で大曲まで行ってもよかったのですが、
自分の足でスタート地点に戻って来ようってことで大曲まで徒歩で向かう。
大曲から登山道に入る、林道に出るまでの道は雪解け水の影響かぐちゃぐちゃです…
諏峨守へ向かう途中の林道はところどころ雪が凍結していたけどアイゼンを付けるほどでもなく
残った雪を踏みながら諏峨守休憩所に着く
三俣山登山口を登る 遠くにちらほらヘッデンの明かりがキレイ♪
まず三俣山西峰に着く ここは0カウントだが最初のピークってことで(笑)

それからまず1つ目の ①【三俣山本峰】(5:01)に到着!⤴ほどなくして一人の男性が登って来た
簡単に挨拶をすませ三俣山南峰へ向かう、この登山道が一番、雪が多かったですかね?

②【三俣山南峰】に着く ここでもさっきの男性に会う…まさかこのあとも再会するとは
思いもせず自分たちは坊がつるへ下る 直登のコースだから下るのも大変だが登るのはもっと大変(゚д゚)!
途中から火山灰を含んだ黒い土に変わっていく、それからヌルヌルでズルズルと滑る道が続く…(゚д゚)!

坊がつるまでコケずに(笑)下りて来た( ̄▽ ̄)
多い時はテント村のような坊がつるが閑散としている…テントは4~5張ぐらい…寂しい (ノД`)・゜・。

大船山へ向かう→登山道は雪がちらほら積もっててガレ場の多いこの道は以外に歩き易かった⤴
段原に着く ③【北大船山】はピストン しかし人に会わない 坊がつるからここまで3人だった

段原に戻り大船山へ誰もいなく登り易いあっと言う間についた感じ(*´▽`*)
④【大船山】山頂も貸切⤴ 眺めはとてもいい 直下の御池へ行って見る 完全に凍ってはないが
歩いて問題はないぐらいぐらいにカチカチだΣ(・ω・ノ)ノ!
遊んでロスが…( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

メジャールートでは無いルートで立中山へ大船山からすぐぐらいは結構歩き易いなって感じだったけど
岩場の急坂をけっこう下る 岩場が落ち着くと 森の中へ取り込んでいた軌跡は尾根っぽいルートだったが
近そうな道を踏み跡とテープを頼りに下る…けっこうテープを貼ってくれてたから以外にも分かり易かった♪
尾根のルートと合流したぐらいから段々と藪が多くなる…立中山手前ぐらいはまぁまぁな藪コギ…

立中山で昼ごはん 曇っていたけど眺めは(●´ω`●) 鉾峠に向けて下る 相変わらず人に会わない…
さぁ白口岳に向けて登る登る登る(´Д`)急だしヌルヌルでズルズル滑ります…( ;∀;)
やっとの思いで⑤【白口岳】に着く すると久しぶりに先客が(゚д゚)! 話すと今朝、三俣山で
会った方でしかも同じ 17サミッツ 挑戦らしく(@ ̄□ ̄@;)!!なんだか嬉しくなった(^^♪
食事されてたので先に行ったが、今思えば休憩をとって一緒に行けば良かったなと思う…

ここぐらいから雪が降りだす⛄⑥【稲星山】に着くだんだんとガスって来る…足早に中岳に向かう
⑦【中岳】→⑧【天狗ヶ城】→⑨【久住山】はひたすらに歩く…
星生山へ向かう星生崎の岩々が雪でぬれてやや怖かった…
何とか無事に⑩【星生山】に到着!やっと終わったとほどなくして男性も到着、話すとヤマップメンバーの
isoやんさん だと分かり急に親近感がわく(^_-)-☆それから一緒に牧ノ戸まで一緒に下山( ̄▽ ̄)

長者原方面に帰るから大曲まで送って行きたかったがisoやんさんは自分の足でスタート地点に戻りたいと
言いました…自分たちも同じだがスタートでするのとゴールでするのでは疲れが違います…
気丈にそれを貫くのは並大抵ではないです…本当にお疲れ様でした(^_-)-☆

途中から雪は降ってきましたが、風の無い日で体感的には楽な日でした。
立中山手前は藪の多いルートでしたが寒くて藪も元気なく?比較的、通り易かったと思いました。
軽アイゼンは携行していましたが結局は使わずに済みました('ω')ノ
また挑戦する時はトレランシューズなどでもっと身軽に挑戦してみたいです( *´艸`)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン