YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

十三越・水呑ハイキング道の豪雨被害の実態を見に行って来た。

ふぁんトントさん

サポーター
  • サポーター サポーター No.2250
  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:生駒山系を中心に低山徘徊を楽しんでいます。古道、廃道、鉄塔巡視路など人の少ないところを好む傾向があるようです。

    Facebookページ
    http://fb.me/2015juantonto
  • ユーザーID:142618
    性別:男性
    生まれ年:公開しない
    活動エリア:大阪, 奈良, 京都
    出身地:大阪
    経験年数:公開しない
    レベル:公開しない
  • その他 その他
生駒山・神津嶽・大原山

2018/07/15(日) 18:53

 更新
奈良, 大阪

十三越・水呑ハイキング道の豪雨被害の実態を見に行って来た。

活動情報

活動時期

2018/07/15(日) 10:43

2018/07/15(日) 13:02

ブックマークに追加

アクセス

227人

文章

先週の豪雨は各所に大きな爪痕を残しました。
十三越・水呑ハイキング道は、自宅から最も近い生駒山系の登山道です。いつも心合寺山古墳学習館に自転車をデポして、信貴山方面まで足を伸ばします。しかし、ここ一週間とても暑い。このクソ暑い日に、しかも最も暑い時間帯に水呑地蔵まで登ってきました。

水呑さんのテラスに着くなり、石のベンチに仰向けに寝転がり、ちょっと落ち着いたら冷たいを水を頭からザブザブ。とても気持ち良かったです。被害状況はちょっと深刻。堰堤手前の崩落個所は、法面崩落により危険な状態です。次に大雨が来て土砂を洗い流すと、簡易舗装のアスファルトも崩落するでしょう。8合目手前の旧神立園地の休憩所(東屋)は、完全に押しつぶされました。しかし、メタセコイヤの大木は無事だったようです。

暑い日が続くと山歩きを楽しめませんね~。バテバテですぐに息が上がって、シンゾー・バクバク。一歩ずつゆっくりと前進しながら歩いていると、前方で親子喧嘩の声が聞こえてきました。いつもはすぐに通り過ぎるけど、いつまでも聞こえていました。ざっと、こんな感じ。

娘:「なんか、おる言うたやん」
親:「聞いてなかったわ。」
娘:「ずっと言うてるのに」
親:「そんなん知らんやん」
娘:「知らんねんやったら、言わんといて!」

なんで、母娘(おやこ)は仲が悪いんでしょうね。たぶん、メマトイがブンブン飛び回ってるだけだと思うけどな。山は虫の棲み家だから、いっぱいいますよ。何か声を掛けようかなぁと思ったけど、コチラにはその余裕はありませんでした。あと一歩、あと一歩。フウフウッ~。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間2時間19分
  • 活動距離活動距離4.77km
  • 高低差高低差293m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り331m / 330m
  • スタート10:43
  • 2時間19分
  • ゴール13:02

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン