YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

六甲山 油コブシ~穂高湖~摩耶山 クリスマス会危機一髪 APC1.0

秀とろさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2015年3月に相模原から神戸に引っ越してきました。

    小6の息子、小2の娘、妻と一緒に一家4人で登山をしています。

    息子が年長のとき、保育園の先生に勧められ、ほちゃほちゃだった息子の体力作りのため山登りを始めました。

    数年後、息子の腹筋が割れました。

    そして、その先生のお蔭で、「山登り」という家族みんなの趣味ができました。

    YAMAP地図のコースタイムと実際にかかった時間の比較の目安として
    APC値(Actual time Per Course time)(勝手に命名)を記録してます。

    定義:APC値=(実際にかかった休憩込みの時間)/(コースタイム)
    ※ただし、昼飯などの長い休憩はAPC値に含めてません。
    ※参考程度の数値です。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ルート難易度感想例一覧(活動日記に書いたLvの照会用)
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ・私の個人的な感想なのであくまでご参考程度に。
    ・純粋な通過技術難易度で、迷いやすさや、気象の変わりやすさ等は考慮していません。
    ・無積雪期好天時。難易度は天候に寄って大きく変わる可能性があるのでご注意ください。
    ・Lv11をMAXに設定している訳ではありません。それより難しいのはまだ行ったことがないだけです。
    ・ご意見があればメッセージをください。

    Lv1 六甲山(兵庫)魚屋道、高尾山(東京)全ルート、木曽駒(長野)千畳敷カールから中岳経由

    Lv2 木曽駒(長野)中岳の巻道、至仏山(群馬)東面登山道

    Lv3 空木岳(長野)大地獄・小地獄、伯耆大山(鳥取)ユートピア、岩殿山(山梨)稚児落とし方面

    Lv4 六甲山(兵庫)芦屋地獄、六甲山(兵庫)AB懸ルート

    Lv5 宝剣岳(長野)北陵、槍ヶ岳(長野)槍の穂先、空木岳-桧尾岳間(長野)

    Lv6 宝剣岳(長野)南稜

    Lv7 六甲山(兵庫)西山谷、石鎚山(愛媛)三の鎖、試しの鎖

    Lv8 六甲山(兵庫)大月地獄、中俣、剱岳(富山)別山尾根、金峰山(山梨)五丈岩

    Lv9 六甲山(兵庫)A懸岩

    Lv10 鳳凰三山(山梨)オベリスク頂上岩

    Lv11  六甲山(兵庫)プロペラ岩

  • 活動エリア:兵庫
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1978
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

六甲山・長峰山・摩耶山

2015/12/15(火) 00:46

 更新

六甲山 油コブシ~穂高湖~摩耶山 クリスマス会危機一髪 APC1.0

公開

活動情報

活動時期

2015/12/12(土) 08:04

2015/12/12(土) 13:18

アクセス:226人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,791m / 累積標高下り 2,859m
活動時間5:14
活動距離13.86km
高低差642m
カロリー3008kcal

写真

動画

道具リスト

文章

家から一番近い山なのに、4月に引っ越してきてから一度も行っていなかった六甲山にやっと行って来ました。

本当はもっと歩いたのですが、自宅からだったので、前後の車道歩きの軌跡はバッサリ削除しました。

まずは、車道歩きで六甲ケーブル下に行き、そこから油コブシ経由で六甲山上に出ました。

最初こそ雨が降っていたものの、登り始めると予報通り晴れ始め、大阪湾がきれいに見えました。紅葉はほぼ終わりでしたが、中腹には少し残っていました。

ほどなく登山道が終わると、そこからしばし町の中を車道歩き。登ってから車道歩きをする山は初めてです。

再び登山道に入り、紅葉の終わった穂高湖を見て、摩耶山の掬星台から景色を眺めて帰って来ました。

今回は午後の早い時間には家に帰る予定だったので、小1の娘は近所の児童館で午後から行われるクリスマス会に行くつもりでいました。しかし、歩き始めて早々に妻の歩みが極端に遅くなりました。お腹が急に張り出し、苦しくて思うように歩けないようです。そのうち治まるかと思いきや、結局最後まで苦しみながら歩いていました。そのせいでかなりのんびりとした山行になり、娘の楽しみにしていたクリスマス会が危うくなってきました。

摩耶山を下り始めたころには、普通にいけば間に合わない時間になっていました。しかし、娘に聞くと、どうしても行きたいとのこと。そこで、歩みの遅い妻を小5の息子に任せ、私と娘で急いで下ることにしました。それなりのスピードで下りましたが、娘はちゃんとついてきます。よほどクリスマス会に行きたいようで、顔は真剣そのものです。笑。気づけば標準CTの3分の2以下の時間で山を下り、クリスマス会には何とか2分遅刻で済んだのでした。娘もこんなに早く歩けるなら、普段からその力を発揮してほしいものです。因みに妻たちが家に着いたのは我々よりも30分以上後でした。

ずっと行こうと思いつつ、なかなかタイミングの会わなかった六甲山ですが、今回やっと行けました。今後は気軽に登るホームの山にしていきたいです。

APC値:1.00

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン