YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

西丹沢周回。 スタンプ押し忘れて地獄を見る。

こばいあさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:膝のリハビリとして、登山を始めて一年経過したのですが、写真撮る以外は何にも記録してないので、始めました。
    活動は丹沢中心にトレランしてます。トレランと言っても歩くより行動範囲が広いから走ってるみたいな感じで、こだわりはあんまりありません。
    得意技は山行終了直後にビール飲める計画をたてることです。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1976
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

大室山(丹沢)・畦ヶ丸山・菰釣山

2015/12/17(木) 21:34

 更新

西丹沢周回。 スタンプ押し忘れて地獄を見る。

公開

活動情報

活動時期

2015/12/17(木) 05:56

2015/12/17(木) 12:11

アクセス:186人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,681m / 累積標高下り 2,715m
活動時間6:12
活動距離22.21km
高低差1,168m

写真

動画

道具リスト

文章

午前中は時間があるから、大室山、加入道山、畔が丸とヤマスタスタンプを押しに西丹沢へ訪問。寒波襲来らしいからエビラ(樹氷)見れたらいいなぁ。

西丹沢自然教室~犬越路
駐車場には一番乗り、周りは真っ暗。犬越路は歩いたことないから薄暗い状態になってから出発。
用木沢出合から犬越路は途中までは沢沿いを遡上して、沢を離れてからは激登り。今日一番の登りをハイペースで登る。

犬越路~大室山
ほぼ登りだが、えぐい登りはなく、マイペースで登っていく。こここら富士山を見ながらの登り。西の肩から大室山山頂もフラットの気分。山頂は展望なく寒いから、さっさと退散して、西の肩で小休止。

大室山~加入道山
富士山の方向に進むので、小ピークを越えるごとに富士山。凍結や霜が降りている時は木の階段が滑るので要注意ですね。万が一ここで滑落したらかなりヤバイです。
思ったより暖かいのでエビラ(樹氷)は見れず。
西丹沢は登山者が少ないのですが、木の階段や道標、熊避けなど小ネタが満載で微笑ましいです。
加入道山に9時前に通過時は避難小屋リフォーム工事が始まってました。ご苦労様です。工事の邪魔したこら悪いので、加入道山山頂は通過。

加入道山~畔が丸
陽当たりの良いこの尾根は霜も降りてないので走りやすい。纏まった休憩は加入道山でとるつもりでしたが、水晶の頭で休憩。直後大室山と加入道山でスタンプ押してないことに気付く。引き返すことなんてできないので、畔が丸だけは忘れないように誓い、最後の畔が丸だけは押せた。3ヤマスタポイントゲットできたが、何か腑に落ちない。

畔が丸~一軒屋避難小屋。
当初の予定では畔が丸か西沢コースで下山予定でしたが、計画より30分以上貯金があるし、スタンプ押し忘れの罰で大滝コースで登山地図にルートの記載すらない地獄棚を見に行くことに。
畔が丸から下って、一軒家避難小屋で小休止してこら地獄を見に出発。

地獄棚
地獄の入り口は一軒家避小屋から300m程の岩の横を抜けて尾根を直進。
ある程度進むとどう考えても、しんどそうな下りに差し掛かるので、ザックを置いて、尻をつきながら下る。下っていくと岩に突き当たり、これ以上道がなさそうだが、注意深く周辺を見るとトラロープがあるのでトラバース。その後も詰んだっぽい場所にはトラロープがあります。って言っても二ヶ所だけですが・・・二つ目のトラロープ辺りで地獄棚が見えてきます。ここで地獄棚に進まず、左手に巻きながら、滝壺方面を目指します。地獄棚に直進すると断崖絶壁に突き当たって地獄行きです。
下りきったら地獄棚到着。この滝は北向なので、西丹沢一の氷瀑になる隠れた名所です。
しかし、行くまでは登山道は無く、トラロープもかなり昔に張ったもので信頼出来ないので、訪問される方は自己責任でお願いします。自分は雪が積もってたらトラバースが怖いから行きません。また、何年か前に訪問しての再訪です。
2月までに氷瀑拝めたらいいなぁ。

地獄棚~西丹沢自然教室
大滝橋まで河を渡りながら、快適に走り、箒の杉を拝み、最後にロード3キロ登って終了。西丹沢自然教室で休憩してたら、霰が降ってきた。早めに上がって良かった。

総評。
大室山と加入道山のスタンプはツツジの時期に檜洞丸と一緒に攻略しよう。
罰として行った地獄棚のルートが再確認できたのが良かった。次は天気予報とにらめっこして完全氷結を拝みたいな。
今回、お会いしたハイカーさんは4人。トレイルランナーとして、人が少ないときに山行したいけど、平日の西丹沢はちょっとさみしいかなっと思いました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン