YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

高祖(たかす)神社から、高祖山・鐘撞山へ

*はるちゃんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:山をはじめてかれこれ〇十年、無理をしないで、これからも山を楽しみます
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1950
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

高祖山・叶岳・飯盛山

2015/12/19(土) 14:07

 更新

高祖(たかす)神社から、高祖山・鐘撞山へ

公開

活動情報

活動時期

2015/12/19(土) 09:53

2015/12/19(土) 14:06

アクセス:385人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,043m / 累積標高下り 1,043m
活動時間4:13
活動距離7.24km
高低差380m

写真

動画

道具リスト

文章

高祖神社から、高祖山・鐘撞山へ。怡土(いと)城周回道で、周回してきます。

怡土城は、奈良時代、吉備真備が、築城に携わった、古代の城です。
高祖城は、中世、原田氏が、怡土城の遺構を部分的に利用した山城です。ちなみに、古処山を処点とした秋月氏は、原田氏の分家筋になります。

高祖神社から出発します。高祖神社の縁起は古く、歴史ある神社です。現在、本殿の修復作業が行なわれています。

すぐに急登になります。花崗岩のルートが、続きます。切れ込みの深いところは、厚く落ち葉が、堆積しています。足首が、すっぽり入ってしまいます。なすび🍆は、まるで、落ち葉の中を泳いでいるようです(๑´ڡ`๑)

怡土城の遺構の礎石が随分あります。高祖城では、これを城門の礎石として?利用していたのでしょう。

高祖城の下ノ城前の分岐を高祖山山頂(上ノ城)に向かいます。山頂からは、南に脊振山系、北に可也山や糸島の海を眺望できます。今日の天候にしては、まずまずの眺望です。

山頂から下ノ城へのルートには、大きな倒木があります。中が、空洞になった、ほとんど枯れた大木です。折れた箇所を見ると、倒れてから、時間は、あまり経ってないようです。

下ノ城は、上ノ城よりも、平坦部が広いようです。高祖城は、この二つの曲輪が、連携して、防御していたのでしょう。

鐘撞(かねつき)山へ向かいます。北側へ随分降って行きます。東高祖谷との分岐を鐘撞山へ登ります。山頂には、二人の女性が休憩されています。なすび🍆は、私達が、話をしている間、おとなしく、ベンチにお座りしています。二人の方から、お利口さんね。と言われ、まんざらでもないようです。

怡土城第二望楼跡に向かいます。若干の平坦地に礎石だけが、残っています。

少し戻って、高祖山登山歩道を降って行きます。かなりの急傾斜を降ります。随分荒れています。途中、出水でルートが流されている箇所もあります。

登山歩道を降ると、日蓮宗のお寺があります。民家が、現れてきます。怡土城周回道を通り、高祖神社に到着です。

出発時は、雨で、降って来るまでは、曇りです。

低山ながらも歴史ある山です。眺望もいいです。ルート的にも、一部注意を要する箇所もありますが、しっかりしています。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン