YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

韓国岳・高千穂峰 はしご登山

ゆりさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2013年10月,仕事仲間と宝満山に登ったのがきっかけで山にハマってしまいました(*´з`)
  • 活動エリア:福岡, 熊本, 大分
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:
  • その他 その他

霧島山・韓国岳・高千穂峰

2014/08/26(火) 16:40

 更新

韓国岳・高千穂峰 はしご登山

公開

活動情報

活動時期

2014/08/24(日) 07:57

2014/08/24(日) 13:26

アクセス:630人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,672m / 累積標高下り 1,961m
活動時間5:29
活動距離17.60km
高低差767m
カロリー2311kcal

写真

動画

道具リスト

文章

【山行日】2014.8.24

①韓国岳
07:57 韓国岳登山口
08:59 韓国岳山頂 〜09:04
09:44 韓国岳登山口

②高千穂峰
10:21 高千穂河原
10:27 霧島神宮古宮址
11:30 脊門丘(鞍部)
11:49 高千穂峰 〜12:42
12:50 脊門丘(鞍部)
13:22 霧島神宮古宮址
13:26 高千穂河原

歩数:24000

はじめに(とっさんパクリ)
この記録は、韓国岳ピストンの記録に高千穂峰ピストンの記録を追加したものです。
ヤマレコは2つの軌跡が繋がることはありません(標高図は繋がります)ので、私は2つの記録に分けました。
YAMAPもこの点は改善すべきところなので、はるさんに要望したいと思います!(^ ^)

18日の夕方、とっさんから「24日にHYさんと霧島行こうかって話になってるけど、どうします? 予定があるだろうから、ペグもらってこようか?」とメッセージが有り。2週連続のお泊り山行記録をアップしていたからでしょう(u_u)
私は慌てて予定は無いことを伝え💦 連れて行ってもらえることになりました(^^)v

前日は予報に反して天気が良かったのですが、霧島行きに備えて山行を封印。ですが、一旦お断りしていたパーティに行くことに。とっさんから飲み過ぎないようにと忠告を受けましたが、飲み放題という設定に飲み過ぎない訳がありません。制限時間ギリギリまで飲み続けましたー🍸

翌朝5時。起きるとちょっぴり頭が痛い…二日酔いです😅 そのため準備がノロノロとなり、ギリギリで待ち合わせ場所に着いたのでした。

とっさんの車で、お久しぶりのHYさんと一緒にいざ霧島へ。相変わらずすごいスピードで高速道路を走られるので、2時間後には韓国岳登山口に到着したのでした。

まずまずの天気の下登山口を出発。4合目辺りまでは白鳥山や甑岳等景観を楽しむ事が出来ました。しか~し、5合目展望台に着いた時にはガスガスで眺望無し。当然ながらも山頂もガスガスで大浪池すらも望めません。とっさんとHYさんは初めてなのに可哀相…と思いながらガスが消えるのを待っていると、「高千穂峰に行こう!」ととっさん。諦めが早いこと('Д') 山頂滞在時間5分で下山開始となり、2時間弱で韓国岳ピストンが終了したのでした。

車で高千穂河原へ移動。鳥居を潜って第2ラウンド開始です。石畳の道を颯爽と登り詰め、迎えた砂礫道。「おお、これが聞きしに勝る砂地獄か…」と目の前のピークを見上げるとっさんに、「登りは右側を行くんだよ~」先輩面して言った私でしたが、先ほどの韓国岳の疲れと二日酔いの体での砂礫道はまさに砂地獄…。ずり下がることは無いのですが登るスピードが上がらず…2人を御鉢でお待たせすることになりました。御鉢から脊門丘までは3人一緒に景観を楽しみつつ会話しながら行きましたが、脊門丘からの道では2人に大きく引き離されました。でも、天逆鉾で参拝していた2人を横目に山頂はこっちだよ~と言って先に三角点にタッチ。私の勝ちです(^^)v
山頂はガスガスで風も強かったので避難小屋で食事を摂ろうとしましたが、満席でしたので小屋の東側で風を凌いで昼食を摂ることに。きゅうりのわさび漬けをつまみにノンアルコールビールを飲んでいると、目の前のガスが消えて霧島東神社に向かうルート(稜線)と下界が見えました。これで救われましたー。
後片付けをして、山頂を一周しましたが、残念ながら西側は相変わらずのガスガスで眺望無しで下山となりました。
砂礫道を下るとっさんのスピードはここはスキー場だったっけ?と思わせるようでした。一方ゲーター無しの私は、前回猛スピードで下った際に石ころがかなり入ったという反省点を生かし、今回はゆっくりと下って行くと、下で待ちわびるとっさんから走れ!と命が下り、最後はダッシュしたのでした💨
石畳の道では、また2人に引き離されましたが、姑息な手段(林の中をワープ)により、先に登山口に到着してお2人を迎えたのでした (^^)v

途中、新湯温泉で汗を流して、第2の目的である忘れ物(ペグ)を取りにえびの高原キャンプ村へ。すると「山ガール・サミット」なる催し物が終わったばかりのようでした。管理人さんを探してペグを受け取りましたが、管理人さんは山ガール・サミットに来てくれていたんだねと言わんばかりの笑顔で対応してくれました。本当は通りすがりなのに…ごめんなさい(._.) でも、流石に山ガール・サミットと銘打つ会場には入りずらいですからね~💦

無事にペグを回収して、高速に乗ったのが15時ころ。自宅に帰ったのが17時半ころ。帰りは遅くなるから夕食作りお願いね~と言って出掛けていましたが、早い帰宅により夕食を作る羽目になりましたーww

こうして、霧島日帰り弾丸ツアーが終わりました。しかし、日帰りで行けるものなのですね~聞けばとっさんはゴルフで宮崎日帰りをよくされているとか…どうりで(-.-)
忘れ物が多くて困り者の私ですが、今回は忘れ物のおかげで再度霧島の山旅に行くことが出来ました~。
生憎の天気でしたが、お2人と同行出来て楽しかったです。
とっさん!いつもお世話になってばかりですいません。また宜しくお願いします!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン