YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

初めての冬靴・アイゼンで富士見駅から硫黄岳(富士見駅~美濃戸口~硫黄岳~夏沢峠~海尻駅)

yukiotasさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2014年9月から山を歩くようになりました。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

八ヶ岳

2015/12/29(火) 03:12

 更新

初めての冬靴・アイゼンで富士見駅から硫黄岳(富士見駅~美濃戸口~硫黄岳~夏沢峠~海尻駅)

公開

活動情報

活動時期

2015/12/19(土) 23:32

2015/12/20(日) 14:37

アクセス:211人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,878m / 累積標高下り 2,775m
活動時間15:05
活動距離34.77km
高低差1,846m

写真

動画

道具リスト

文章

これまで、トレランシューズ+チェーンスパイク+トレッキングポールで奥秩父、北八ヶ岳の雪山を歩いてきたが、凍傷、滑落の危険がありそうなので、冬靴、12本爪アイゼン、ピッケルを購入し、比較的安全そうな硫黄岳で試すことにした。

バス利用だと日帰りはむつかしそうだったので、終電で富士見駅に行き、美濃戸口まで3時間30分歩いた。この日は寒気が来ていたせいかとても寒かった。凍結個所で滑ったので、初めてアイゼンを付けるが、アスファルトや岩が露出しているととても歩きにくかったので途中で外した。赤岳鉱泉で再びアイゼンを付けるが、登りで踵の骨が固い冬靴に当たってとても痛くなり、ゆっくりしか歩けなかった。雪も少なかったので、チェーンスパイクの方が歩きやすかったと思う。とても眠かったが赤岩の頭に到着。展望抜群で目が覚めた。高気圧の中心に入ったせいか、暖かく、穏やかな天気になった。硫黄岳への登りで登山道を少し外れたら、雪が深い急斜面になったが、アイゼンのお陰で容易に登れた。下りの深い雪でもとても快適だった。しかし、本沢温泉からの下りで冬靴のハイカットが脚に当たってとても痛くなり、耐え切れず、念のため持ってきたトレランシューズに履き替え、海尻駅まで歩いた。

初めての冬靴・アイゼンはやはりとても歩きづらく、登りで踵、下りで脚が痛くなってしまった。しかし、赤岳などに行くためには避けて通れないので、パッドを貼ったり、歩き方を適切にしたりして痛みの出ない方法を見つけたいと思う。

出発時刻/高度: 23:32 / 959m
到着時刻/高度: 14:37 / 1036m
合計時間: 15時間4分
合計距離: 34.81km
最高点の標高: 2739m
最低点の標高: 954m
累積標高(上り): 2129m
累積標高(下り): 2044m

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン