YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

弥彦山をちょいとハードにするバリエーションルート

たこさんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:高校の山岳部出身です。
    飯豊連峰の縦走を再び夢見る日帰りハイカーです(^^)
  • 活動エリア:新潟
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:
  • その他 その他

角田山・弥彦山

2015/12/23(水) 15:42

 更新

弥彦山をちょいとハードにするバリエーションルート

公開

活動情報

活動時期

2015/12/23(水) 06:57

2015/12/23(水) 09:53

アクセス:405人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,914m / 累積標高下り 4,643m
活動時間2:56
活動距離8.90km
高低差517m
カロリー2202kcal

写真

動画

道具リスト

文章

天気が良さそうとわかるともはやいてもたってもいられぬ病にかかり、年末の掃除とか全く手をつけていない年賀状とかほったらかしにしてしまいます。
奥様には帰ってからすると約束し出発の準備を始めます。とはいえ、時間のかかる山行は出来ないため弥彦山へと向かいます。

久し振りに裏参道へと向かいますが、このルートは往復一時間半程で済んでしまいます。物足りない事この上なし!なのでちょいと遠回りをして山頂を目指すことにしました。
能登見平からあえて国上山方面へ向かいます。すぐの所に平野が一望できる場所があります。登る朝日と粟ヶ岳や守門岳、越後三山、その奥に燧ヶ岳も見えてます。う~んご満悦(^^)
気をよくし縦走路を下って行きます。細かいアップダウンを繰り返し八枚沢ルートへの分岐へ、そこから八枚沢登山口までのえげつない急降下、八枚沢登山口からはえげつない急登。巻き道などほぼないホントの直登。しかもほぼ階段で、エンドレスで困ったものです。
登りきると三角点しかありませんが妻戸山というピークです。そこからはすぐ裏参道と合流し山頂へ。
真白な飯豊も見えます。すぐ下山開始。朝飯休憩をとるも山頂からは30分程で下山完了です。

八枚沢登山口は観音寺温泉側のスカイラインより途中林道に入るとありますが、冬期通行止めのためどこまで行けるかわかりません。今日は1台停まっていたので車は通れるのかもしれません。
能登見平より八枚沢登山口まではかなり下ります。そしてエンドレスな直登階段祭りです。弥彦山もたまには違った攻め方をするのも楽しいものです。

さて…帰ったらレンジフードの掃除という難関ミッションが待っています(笑)

(えげつない急登や急降下があるので中級者としました。)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン