YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

塔ノ岳(表丹沢:ヤビツ峠)

せのさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:妻と息子が山の日生まれ。子供が歩けそうな山にはファミリーで登る二児(6歳と1歳)の父。栃木県宇都宮に生まれ幼少期から親父の山行、ハイキングで野山に親しむ。
    高校生からは音楽に目覚め、めっきりインドア派となり、親父のお誘いは適当にスルー。大学生、社会人になってからは年に2、3回、帰省するタイミングでお供する程度だったが子供が生まれピクニックやバーベキュー、キャンプ、ハイキングなどの外遊びを通じて、再び自然の美しさと厳しさに惹かれるている。

    山用テントも準備したところで、さてどこをどう歩こうか。ピークに拘らずお気に入りのトレイルを見つけたい。
  • 活動エリア:東京, 埼玉, 山梨
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1977
  • 出身地:栃木
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

丹沢山

2016/10/24(月) 00:59

 更新

塔ノ岳(表丹沢:ヤビツ峠)

公開

活動情報

活動時期

2015/12/27(日) 08:17

2015/12/27(日) 15:57

アクセス:268人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,293m / 累積標高下り 1,765m
活動時間7:40
活動距離14.10km
高低差1,200m
カロリー3555kcal

写真

動画

道具リスト

文章

雲が多少出ていたものの、朝は気持ちよく晴れていた。風もなく熱い。三ノ塔を過ぎてから次第に風も出できて塔ノ岳もガスに隠れる。
またこのあたりから登山道がチョコレート状態。ゲイターあまり好きではないので気を配りながらの歩く。
アップダウンを繰り返し、鎖場もやり過ごし、徐々に標高を上げていくと、山頂手前にふとっちょヌコ登場。これが噂の‥しばしヌコと戯れる。

塔ノ岳山頂は大勢のハイカーが寒い寒い言いながらも楽しいランチタイム真っ最中。小屋でバッジだけ購入し、湯を沸かす。山で湯を沸かしている時が至福。

下山は大倉へ。
ここは登りもきついだろうな、下りももうやだな‥と階段の連続と微妙な間隔の木道に嫌気がさす。
次来る時は鍋割山経由の丹沢山!私にはきついだろう。
と、そこにチャンプ登場。噂に聞く陽気なおじさんだった。あの下半身はまさにチャンプ。

とにかく登り納め。

アスファルトの道の固さを数時間ぶりに味わっていると、登山の格好をしたおばあちゃまが、ストックをしまおうと難儀中(くるくるっと緩まない)
どうしました?と声をかけた途端、回った!っと嬉しそう。バス停手前までおしゃべりしながら歩いていると、なんと86歳‼️バカ尾根〜塔ノ岳をソロでピストンというスーパーおばぁちゃまでした。バカ尾根登ってりゃバカにならない(ボケない)ということで、これは見習わなければならない。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン