YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

隠岐島前 魚釣り & 登山

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

隠岐諸島・島前

2015/12/31(木) 12:49

 更新

隠岐島前 魚釣り & 登山

公開

活動情報

活動時期

2015/12/29(火) 12:40

2015/12/30(水) 12:53

アクセス:578人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,615m / 累積標高下り 3,613m
活動時間24:13
活動距離53.85km
高低差480m

写真

動画

道具リスト

文章

年末休暇になり、ようやく趣味である釣りに行ける。天気図を見ると、何とか持ちそうだ。一番恐れているのは、帰りのフェリーが欠航になり、戻れなくなる事。昨年末は隠岐島後からの帰り、吹雪の中、通常便が欠航し、かろうじて変則便一本が本土へ出たので助かったのだった。

潮見表を見る。夕方から夜中にかけて、大物を狙える時間帯に潮が動かなく面白くないパターンだ。さて準備に取り掛かる。リール4本に糸を巻き直し、仕掛けは40セットぐらい追加作成した。投げ釣りなので、エサは虫餌のみ、「青虫」と「本虫」で500g購入。

自宅を朝7時前に出発、約1時間半で、フェリー乗り場である島根半島の東、七類港へ到着した。客室に人は意外に少ない。朝9:30に七類を出港。11:30に隠岐の島、最初の知夫港に着く。そこからは、島々に囲まれた穏やかな内海を30分航行し、昼12時に、隠岐西ノ島-別府港へ到着。
(動画1:フェリー知夫~別府までの内海を航行)
ターミナル2階のレストランで昼食、「定食は無いよ」って言われたが、「何でもいいから」と言ったら、「残り物だよ」と言って豪華な定食をいただいた。(写真)この食堂、おすすめです。すぐ隣の「くにがレンタカー」で、13時に予約していた「釣り専用車」を借りた。電話で「釣り用」と言えば、ビニルシート仕様の車を準備していただける。

いつものように、美田方面へ向かう途中、峠を越えたあたりに、この島に一軒しかないスーパーがある。ここで食料を買い込むと、まず最初に、Yamapの方々に紹介したかった国賀海岸へ向かった。浦郷港を過ぎると、由良比女神社の向こうにイカ寄せの浜がある。「ソデイカ」と言って体長1.5mぐらいの大きな物体がユラユラとしているので、見つかれば、タモで簡単にすくえます。子供が一人、イカを探して見張っていた。見つかれば売りに行き、良い小遣いになるだろう。

国賀海岸へ向かう細い道へ折れ、坂道を登って行く、一応、舗装道路だが、牛馬のフンがいたる所に盛られており、タイヤで踏まないようにジグザグ走行、そうかと思えば道の上に馬が立っていてビックリする。頂上の展望台へ着いた。車を降り、気持ちの良い芝生の遊歩道を300mぐらい歩く。(動画2,3:国賀海岸)先端の看板向こうは断崖絶壁になっており、覗くと、ずっと下に海が見えた。ここが出来た経緯は、約500万年前に火山活動で、この島前諸島が出て来た。それから、波による浸食が続き、100mの絶壁ができたそうだ。今回は山から眺めましたが、波が無ければ、海からの遊覧船もあります。

さあ、釣り場へ向かうぞ、山を下り、そのまま道の終点まで進むと、珍崎という港がある。小さく、古びた港で、雰囲気も良いが、ほとんど釣り人が来ないので気に入っている。住民はどんどん居なくなり、空き家が多いので、一つぐらい借りてみたい。港には波止が3つあり、一番沖の波止は、ノドクサリのプロフィールに使用している場所ですが、横の岩場を歩いて行かなければならず、今回は、寒いので、おうちゃくして、車横付けで釣れるポイントでしか釣りません。

まず、内波止へ竿を3本出した。昼用の仕掛けは、通常、針2~3本付けるのだが、小物は釣りたくないので、夜用の1本針仕掛けにした。この時期、水温も下がり、魚影が薄いので、竿を出せれば良しとせねば。
天秤(重り)から約1mハリス(糸)を取り、針には青虫を3匹房掛け、「これが口に入る魚だけ釣れてくれ」と念じて仕掛けを投入。竿を振ると、先端の重りにより、約100m飛んでいき、そのまま少しテンションをかけてやれば、重りが海底に到着したのが分かる。着底までの秒カウントで水深が分かるが、約16mと判断。重りを少し引き、仕掛けが自然と海底に横たわった状態にして待つ、重りの感触で、海底の状態もある程度分かる。

昨日は、楽しみで眠れなかったが、竿を出した途端に眠気がさしてきた。コーヒーを飲みながら、コンクリートの波止に寝ころんだ。しばらくして一投目の仕掛けを巻き上げてみると、ハタが掛かっていた。もう少しで日没になるが、それまで、もうちょっと頑張ってみようと、もう一つの波止へ移動した。仕掛けを投入するが、すぐにエサは取られ、まったく当たりもない。おそらく小魚たち「夕食が落ちて来たぞー」って喜んでいるんだろう。「さあ、めしあがれ!」私も、そろそろ夕食だ。寒いので、温かい物はおいしい。夜釣りに備えて、竿先が光る「ギョギョライト」と呼ばれる発光体を竿先に取り付けた。相変わらず何も釣れなかったが、日没後の2時間は、過去の経験から釣る価値はある。リールの「ドラグ」を緩め、強烈な引きがあれば、糸だけ出て行くセッティングだったが、今回は、全く出番が無かった。

日が暮れてから、少しずつ、「生物」と呼ばれる物が釣れ始めた。
「海毛虫」は、うっかりエサかと思ってつかむと、毛のような刺が刺さり、抜こうとすると、折れて体内に刺が残ってしまう。そんなに痛くはないが、皮膚が固くなったまま腫れが引かない。
「ヌタウナギ」は、粘液を出し、放置しておくと、周囲の砂,海藻,仕掛けまでも包み、一つの固まりとなって上がって来る大変重たい魚?。月明かりが無い新月には、長い物「ウミヘビ,ウツボ,アナゴ,ヌタウナギなど」が大勢いらっしゃるが、今日は良い天気なので、半月が明るく海面を照らしていた。時々何か釣れるが、クーラーに入らない生物が7割ってところでしょうか。

夜7:30、寝る場所を求めて、風も来ない湾内奥のポイント(美田湾-観光船乗り場)へ移動した。ここは、常夜灯があるのでヘッドライト不要,トイレも自動販売機もベンチもあり、釣り以外の環境は抜群だ。水深は浅く、ここでは真鯛だと40cmぐらいしか望めない。
潮見表通りで、潮が全く動かず、釣れない時間帯に突入したので、ゆっくり夕食を食べ、車の中で休憩していた。ラジオをつけると、韓国へ来たか?と間違えそうな放送具合で、あきらめた。

今度、満ち潮が動き出すのが、午前3時頃の予定だ。それまで車中で寝る事にした。エンジンを切ると寒くなり、起きてしまう。再びエンジンをかけ暖かくする、の繰り返しで、すぐに3時が来た。海面を見ると、多少動き出したように見える。しかし当たりは出てこないので、まだ、表面だけの流れなのでしょう。ちょっと頑張る気分になり、同じ湾内、海洋センターB&G前に移動、ここも広いコンクリート上、釣りやすい車横付けポイント、街灯もついている。潮が流れ始めたので、餌を付け直してがんばった。「サメ」が続けて釣れた。本流が動いている証拠だが、引きが鯛に似ている為、慎重に巻き上げると、あー「またお前かー」。サメ肌なので背中をつまむと滑らず針は外しやすい。車の中から竿先のギョギョライトが動くのを見ているが、遠投しているので、大物が相当糸を引っ張らないと竿は曲がらない。餌を付け替える10分だけ車外に出ただけでも、指が冷たくなり急いで車の中へ引っ込む。シートを倒して薄眼で竿を見ているが、そのうち、意識がなくなっていた。

気が付いたのが、朝6:30だった。もうすぐ夜が明ける頃だが、ちょうど釣れそうな朝間詰めの時間帯に満ち潮が終わってしまう最悪のバイオレーションだ。だけど、よく寝たので、スッキリ気分、朝食を食べた後、付近を散歩、竿を上げて見るが餌は無くなっていない、新しいエサに付け替え、投げて置く。今度、下げ潮が流れ終わる頃がチャンスだが・・・それは、丁度レンタカーを返す頃だ、あーあ、もう終わりだ。

朝9時頃、仕掛けをたたみ、焼火山へ登ってみる事にした。美田湾から、数キロ走り、波止(ハシ)というところから、山の中腹まで車で登る道がある。10台ぐらいの駐車場スペース一番乗り。登山道入り口から歩いた。10分ほどで鳥居が見え、社があった。さらに上へ登って行くと、民間のテレビ塔があり、その横に焼火山の山頂があった。焼火山への標識はなく、テレビ塔への案内しか無かったので少し迷った。この島へは、魚釣りで40回以上は来ているのに、初めての山登りなのだ。山頂からさらに、遊歩道が続いていたが、今回は、時間がないので下山、先ほど通過した社の横、石垣の社務所跡?の奥へ進むと、焼火神社があった。一見で、神秘的な雰囲気が伝わってきた。本殿が岩にめり込んだような設置。鳥取県三徳山にある投げ入れ堂を思い出す。本殿と、杉の巨木、建物の上へ覆いかぶさるような巨岩が、見て圧倒される。「良いものを見た」と思った。下山途中、対岸に昨日行った国賀海岸,珍崎が見えた。この時期にしては信じられないほどの快晴、遠方までよく見渡せた。

下山後、再び美田湾へ戻って来た。この湾は、台風が来ていても湾の奥なので、波が全く無く、池で釣りをしているようです。湾の奥から外海へ運河が続いており、潮通しが非常に良く、深場よりも釣れるので重宝しています。美田湾の中でも比較的広い場所から、湾中央付近を狙って遠投して見た。キスの当たりがあったが、大きな針が口に入らない。落ちギスが、遠くの砂地を泳いでいる事がわかる。昼用の仕掛けに直せば数釣れるだろうが、もう3つ釣っているので、天ぷらの材料としては十分なのだ。

釣り終了。クーラーに入っていた魚を洗い、岸壁に全釣果の写真を撮影。コーヒーを入れて、釣り場最後の景色を目に焼き付けてから、片づけに入った。12:30に別府へ戻り、レンタカーを返却した。合計で1万円(軽自動車24時間:¥8000 保険¥1000 走行距離52kmで¥1100)夜中エアコンで、かなり暖房を使ったので、もっとガソリン使ったような気がするが・・・。

フェリーが来るまでまだ2時間半ある。周辺を散歩して回った。そこらじゅうが釣りのポイントだから、竿を出せば下げ潮の最終地合いで釣れたかもしれないが、自宅で食べられる分は釣れたので、もう十分です。ただ、刺身級の鯛が釣れなかったのが心残りだが、海から頂いた分だけいただくのが礼儀、欲を出してはいけない。 昔、釣りクラブの人と数えきれないほど入った釣り場がそこらじゅうにあり、その場所へ立つと、どうしても思い出してしまう。

2時間もフラフラと散策した頃、ようやくフェリーが来た。広い2等客室は人がほとんどいなかった。毛布を借りて、横になりTVを見ていたら寝てしまった。本土に近づいた頃、船のデッキに上がり、かすかに見える夕焼けの隠岐諸島を撮影。18時頃、七類港へ到着し、自家用車に乗り換え、19:30頃ようやく帰宅。

道具を片付けた後、お腹がすいていたので、早速、鯛を2つ、塩焼きにした。飲みたかったビールをすすりながら、満足。でも、これから、全ての魚をさばき終わらなければならない。1時間半かかってようやく作業完了。鯛の塩焼き用,味噌汁,刺身,キスは天ぷら用,残りが煮物になった。いつも疲れていて、おおざっぱな下ごしらえで、魚には申し訳ない。そうこうしているうちに、妻子が外食から戻ってきた。当然、私の夕食なんてある筈もなく、隠岐の残り物バナナを食べて我慢した。2日間に渡る釣行終了。12/29は、Yamapの日記編集そっちのけで、熟睡に入った。
おわり。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン