YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

冬の那須岳! 今年最後の山行

まこちゃんさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:冬の那須岳で200m滑落、両足骨折したものの奇跡の生還。
    再び山への復帰を目指しリハビリハイク、軽登山を開始しました。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

那須岳・茶臼岳・赤面山

2016/01/01(金) 00:49

 更新

冬の那須岳! 今年最後の山行

公開

活動情報

活動時期

2015/12/30(水) 08:39

2015/12/30(水) 14:07

アクセス:438人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,426m / 累積標高下り 1,446m
活動時間5:28
活動距離7.37km
高低差466m

写真

動画

道具リスト

文章

今年最後の山行はやっぱり那須岳!と思っていた。
山に行く為にもリハビリを重ね続けきたが雪山となるとハードルは高い。
那須岳の頂きはガスで見えない。
霧氷が中腹に見えるので寒さは厳しく風もある。
暖冬の影響で雪は少なめではあるが前日の雪が景色を冬山に切り替えてくれた。
しかし本日の天候は三段階のCランク。
目標は達成出来ないかもしれない。
それでも雪山装備を万全にサポートしていただく山友さんと 復活冬の那須岳トライ!

大丸駐車場から出発。
雪は前日に降ったからほどほどあり雪質も良好。
登山道はトレースがありラッセルする事はない。
坪足で登山指導所まで快適に登れた。
ここからはアイゼン装着。
森林限界まではアイゼンを確かめながら登る。
この感覚が懐かしい。再び甦った。
やがて森林限界を抜けると風が出てきた。
しかし予想値よりは弱く10m/s位の風。
これなら峰の茶屋までは行けると判断。
雪着きは少なくミックスのコンディション。アイゼンは着けたまま進む。
ストックを短く風の抵抗を少なくするのに前傾姿勢で4本足で進む。時おり強い風もおそいかかる。
アイゼンでのザレ道はプーレトの入った足首には苦痛である。
気温も低い。
何とか無事峰の茶屋に着く事できた。温度計-8℃、風速10m/sとしても体感温度は-15℃以下ある。
避難小屋でカップ麺で暖まりくつろいだ。
外は相変わらず風が強く茶臼岳の頂きは見えない。下山を決意。
時おり風に煽られたがアンザイレンでサポートしてもらっての下山。
森林限界まで戻ると緊張が解れ達成感で嬉しかった。
吹きだまりで雪遊びしながの下山。
楽しい雪山山行で今年を締め括ることができた。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン