YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

2日目 赤岳アタック 横岳 硫黄岳 縦走

やまぶ~さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:ヤマップは過去を通してどれだけ登山してきたのか、
    月、どれくらいのペースで行けてるのか、振りかえれる
    とても便利なアプリである。
    私の足跡でもあり、宝物でもある。

    ヤマップは、同じ趣味の方と共有したり、情報も検索し、次の山行きの準備に備える。
    なくてはならない情報元である。
    どんどん、知らない同じ趣味のかたと繋がっていく。
    無理のない計画と、自分なりの山行きを心がけて趣味を全うしようと思ってます。
    危険な場所も行く時もありますが、決して遭難、事故はあってはいけない。
    自分のスキルを磨くため、独学ではありますが、少しずつ経験していこうと思ってます

    私なりの山の情報を伝えていきたいと思います。
  • 活動エリア:岐阜
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

八ヶ岳

2016/01/02(土) 00:49

 更新

2日目 赤岳アタック 横岳 硫黄岳 縦走

公開

活動情報

活動時期

2016/01/01(金) 09:16

2016/01/01(金) 16:48

アクセス:791人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,078m / 累積標高下り 2,142m
活動時間7:32
活動距離10.08km
高低差1,173m
カロリー3868kcal

写真

動画

道具リスト

文章

初日の出を見おうと、4時30起床
朝ご飯は5時30からです バイキング方式 お代わり自由
6時半に外に出て見ると、下から舞い上がる雪と稜線からの強風、空は真っ白
展望荘の小屋の前で、7時の日の出を待つ。
すると一瞬、ガスが引き、かろうじて、初日の出を見る事ができました
7時を過ぎた頃から、赤岳へアタックに向かう。
凄い強風で雪が舞い上がる。
ここで持参してきたロープを2人でつなぐ。
これなら、展望荘から赤岳の急な坂も心配ない。
この日の宿泊者は150人いましたが、山頂アタックしたのは、体力、自信のある方だけでしたので
山頂の渋滞も回避できました

その後、山荘まで戻りコーヒータイム
身の回りを整え、横岳に向かいます
これがまた引き続き強風との戦いです
写真では快晴で穏やかに見えますが、ロープで繋がれてないと飛ばされる勢いです
ゆっくり時間をかけながら、、横岳までが凄く遠くに感じました
その後、硫黄岳まで行き、赤岳鉱泉まで戻るコースで下山しました
鉱泉でカップ麺を食べて、北沢ルートで下山途中、
所々、凍っている箇所があるので、ノーアイゼンは注意が必要です
単独の方が足首を捻挫して立てれなくうずくまっていたので、即座110番
長野県警につないでもらって救助を要請
30分から40分くらい待ってたでしょうか。
怪我されたお兄さんが寒くて震えてたので、対応出来るもので体を温めてあげました
救急隊員がみえて、応急処置
なんと、80キロ近いお兄さんをおんぶして運んでいきました
さすがだと思いました。最後の写真(ザック)が怪我をされた場所です。

駐車場に着いた頃はもう17時
充実した山行きでした
ありがとうございました

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン