YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

遺跡が見たくて、岡山県-熊山へ

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

熊山(赤磐市)・高津山・尺八山

2016/01/02(土) 22:03

 更新

遺跡が見たくて、岡山県-熊山へ

公開

活動情報

活動時期

2016/01/02(土) 09:31

2016/01/02(土) 12:12

アクセス:483人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,950m / 累積標高下り 1,950m
活動時間2:41
活動距離11.06km
高低差507m

写真

動画

道具リスト

文章

最近の登山は、登山道整備など、重労働が続いていたので、普通に山道を歩きたくなった。
年末年始、飲んだくれていたが、せっかくの正月。明日の天気図は、高気圧がデーンといらっしゃる、是非ともどこかへ行きたい。
私「明日1日フリーにしてください」って嫁にお願いした。嫁「で、いつ行っていつ帰るの」私「明日の朝出て、夕方帰ります」嫁「まあいいわ」

ということで、元旦の夜22時に許可が降りたのだが、いったいどこへ行くんだ。
大山,広島,三瓶・・いろいろ考えたが、Yamapを調べていたら、岡山県-熊山(ジョニーオーさん)和気アルプス(シャチさん)2つの山が、近くにあるではないか。前から気になっていた熊山、岩山の風景が特徴な和気縦走が、1日で歩けるではないか。これに決めた。

ジョニーオーさんに、メッセージを送ろうと思ったが、夜送っといて、翌朝到着します。では、失礼だわ。もう、十分、熊山の日記は拝見していたので、記憶をたどろう。

朝6:30出発 → 9:30熊山の麓に到着 四方が山だが、方角が分からず、とりあえず熊山駅で、Yamapの地図を開き、登山開始
どっちが熊山でしょう。現在地の点滅と熊山を見比べたら、方向がどっちなのか分かった。
登山道までも、登山道の途中も、迷わなかったが、神社へ出てしまい、「ここどこ?」ってのが一回。下山で、行き止まりが2回。まあこれぐらい、私にとっては迷ったうちに入らない。
けっこう整備された広い道、登って行く人、降りて来る人、思ったより多い。
あちこちに遺跡や石碑があり、信仰の厚い山だって分かります。道には、時々平坦な部分があったり、気持ちよく歩けました。
遺跡は、意外に大きく、うまい具合に石が重ねられていた。なんの為に作ったのか、全く分かりませんが、日本にこんな形の遺跡は他に無いのでは?。良いものを拝見できたと思ってます。
それにも増して、下りの狭い道が大変気に入りました。刺のツルも,倒木も少なく、森林浴の為に作られたような道でした。赤テープも道の分岐標識もあり、道は細いけれども、ちゃんと整備されてあると思いました。
念願が叶って良かった。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン