YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

富士山を見ながら丹沢山~蛭ケ岳

不良中年Ⅱさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:シニア世代なのに街と山をウロウロの不良です。元気なうちに日本百名山を登り切ろうと、2015年の夏から1年間、オレンジのハスラーで全国の山へ出かけ、61~99座を終えました。○○症候群にならないよう、登れない阿蘇山は大切にしまっておきます。これからは近場の低山、アルプスのバリエーション、気になる二百名山などをめざします。冬山でも頼りになり、全国のヤマッパーと交流できるYAMAPに感謝しつつ、しばらく不良を続けます。
  • 活動エリア:大阪, 兵庫, 奈良
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:岡山
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

丹沢山

2016/01/29(金) 03:14

 更新

富士山を見ながら丹沢山~蛭ケ岳

公開

活動情報

活動時期

2016/01/03(日) 06:50

2016/01/03(日) 16:33

アクセス:213人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,992m / 累積標高下り 2,006m
活動時間9:43
活動距離17.71km
高低差1,266m
カロリー4915kcal

写真

動画

道具リスト

文章

思い立っての正月の関東への山旅。2日目は丹沢山系です。前日、天城山麓から天城スカイラインで清川村の塩水橋へ。実はナビの設定を間違って、厚木市~愛川村~宮ヶ瀬ダムを経由して、四国の祖谷、九州の五家荘のような秘境にある狭い道をひやひや運転しながら夕方までに到着。

翌朝7時、塩水橋をスタート。本谷川沿いに進み、分岐から北に登りはじめてすぐに道を間違えてしまった。分岐から丸太の階段が下りはじめたので、YamapのGPSも確認したが、そっちではないだろうと登りはじめたら、途中から道がない。もう下る元気もなくて急斜面をよじ登った。峠へ戻ってルートに戻ることができた。このあたり要注意!

急斜面をよじ登ったのが堪えたのか足が上がらない。ブナ林を延々歩き、岩場・鎖場も越し、3.5時間で丹沢山に到着した時には足がガクガク。富士山をバックに一息ついた後、大きなアップダウンを繰り返しながら最高峰の蛭ケ岳(ひるがだけ)をめざした。

約5時間で蛭ケ岳に着いた時には、今日はこの小屋で宿泊・・と思ったが、知り合った若い人たちに励まされ、小休止の後に来た道を引き返した。丹沢山の東の分岐から谷沿いの道へ下り、川沿いの登山道、林道を延々歩いて、明るいうちに下山できた。

この日は正月の3日、高速道路は混雑していると判断し、秦野市(はだのし)の温泉で2日間の汗を流し、生姜焼き定食でエネルギーを補給し、夜8時過ぎに次の目的地、筑波山へ車を走らせた。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン