YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

阿蘇山登山 職場のアウトドア仲間で初遠征 中岳・高岳登山

ハマKBTさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:自転車で島を一周して、島の山を登るのが好きなオヤジです。
    その他 カヤック、ロードバイクもやります。
    ハマK(カヤック)B(バイク)T(トレッキング)
    休みを利用して自転車で、「つぎはぎ日本一周」挑戦中です。リンク→
    http://bycyclehama.dokkoisho.com/cycling/nihonnissyuu/nihonnissyuutop.htm

    みなさんの活動日記を見ていると、登山ももっと挑戦してみたくなりました。
  • ユーザーID:366985
    性別:男性
    生まれ年:1964
    活動エリア:島根, 広島, 山口
    出身地:島根
    経験年数:10年以上
    レベル:公開しない
  • その他 その他
阿蘇山・高岳・根子岳

2018/08/20(月) 23:17

 更新
熊本

阿蘇山登山 職場のアウトドア仲間で初遠征 中岳・高岳登山

活動情報

活動時期

2018/08/18(土) 11:08

2018/08/18(土) 16:26

ブックマークに追加

アクセス

252人

文章

 ソロの活動が多かったのだが、職場でアウトドアをやってみたいというメンバーが集まって、アウトドアクラブ発足。今回は、その初遠征。パラグライダーをやってみたいということで、体験をやっているところで、しかも、登山が楽しめる場所として、阿蘇山を選択。
 朝、4時益田を出発。途中事故のための渋滞などもあり、阿蘇山公園道路上の駐車場に到着したのは、11時。
 今回のルート、1日目は登山。まずは、火口を拝んで、その後 中岳、高岳というもの。
 ガスの濃度によって、日によっては火口近くに行けないことがあるそうだが、ラッキーなことにガス濃度は安全を示す青。火口の一番近くまで行ける。すぐに阿蘇の噴火口とその中にあるエメラルドグリーンの池が見えてきた。その雄大さに一同感嘆の声をあげる。
 中岳への遊歩道を通って登山開始。火山灰でできた平地の中を木道が通っている。周りには木がなく、あまり日本ではなじみのないような景色、外国に来たような気分になる。
 だんだんと、道が険しくなり、いよいよ急登。ところどころに黄色いペンキで示された矢印があり、それにしたがって進むが、岩がごろごろしていて歩きにくい。阿蘇をちょっと甘くみていた・・・。こんなに急なところがあるとは。それでも、その急登を楽しみながら進む。
 その急登を登り切ったら、尾根沿いの登山道になる。ここからの眺めは阿蘇山の火口も見え、とてもすばらしい。中岳。ここからも火口が見え、阿蘇の雄大さをしっかり満喫。少し下ったところで、昼食。いつものようにコーヒーをいれみんなで味わう。
 次は、高岳を目指す。思ったよりもすんなりと高岳に到着。直前まで山頂は雲があったのだが、我々が到着したころにはちょうど晴れて見晴らしも最高だった。このまま、ピストンで下山することも考えたが、少しあっさりしすぎの感があったので、男性組は周回コース、女性組はピストンで下山というように別れることにした。高岳から天狗の舞台と言われる特徴的な岩山方面に進む。最初は獣道のような細く草が生い茂った道を下る。怪我をしないように慎重に。
 少し行くと、根子岳のごつごつした特徴的な形が見えてきた。阿蘇五岳の一つで、もっとも難易度が高い山だ。今回は、根子岳には登らないが、いつかチャレンジしたい。月見小屋方面に降りていき、ぐるっと一周。その後、は、登ってきた坂下る。これが、結構大変。足に来る。駐車場直前で、女性組みに追いついて、ゴール。なかなか楽しい登山だった。阿蘇を満喫。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間5時間18分
  • 活動距離活動距離10.57km
  • 高低差高低差370m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り636m / 632m
  • スタート11:08
  • 8分
  • 登山口11:16 - 11:17 (1分)
  • 2時間4分
  • 中岳13:21 - 13:57 (36分)
  • 13分
  • 高岳14:10 - 14:30 (20分)
  • 55分
  • 中岳15:25 - 15:28 (3分)
  • 57分
  • 登山口16:25 - 16:25 (0分)
  • 1分
  • ゴール16:26
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン