YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

鎌倉山 柳峠越え

テントレックさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:地図を探していてこのサイトにたどりつきました。
    一年通じて、山歩き、岩登り、沢登り、山スキー(テレマーク)、シーカヤックなど自然の旅を楽しんでいます。依頼があればガイドもします。http://www.tentrek.net/
  • 活動エリア:鳥取
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:ガイド
  • その他 その他

角尾山・五峰山

2016/01/04(月) 21:05

 更新

鎌倉山 柳峠越え

公開

活動情報

活動時期

2016/01/04(月) 10:42

2016/01/04(月) 15:11

アクセス:265人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,381m / 累積標高下り 1,375m
活動時間4:07
活動距離9.01km
高低差351m
カロリー1963kcal

写真

動画

道具リスト

文章

鎌倉谷から柳峠を越える道を歩いてきました。杉の植林帯の中を歩くのでさほどの感興もないまま倒木と浸食された古い林道を下り、古坂谷の車道へ。

帰路にひとつ東の梨谷を登りましたが、破線のある谷の手前の踏み跡に入ってしまい、引き返すのもしゃくなので、悪戦苦闘の末「東の覗き」の北東辺りの縦走路に出ました。ひとつ発見だったのは、ここへ至る直前の北北東の尾根に割合にはっきりした山道があったことです。

大日如来像のあるピークからは南に延びる支稜があります。歩く人が少ないのか倒木が少しうるさく感じられました。鉄塔を過ぎて下った先に普光寺に下るはっきりした道がありますが、これは地形図には記されてなく、尾根上を行く道が表記されていたのでそこを行きました。でも、この道は次第に細まり、小シダと灌木がうるさくまとわりつく藪となります。250mのコブにはアンテナの残骸があり、ケーブルもその先途切れず残っていましたので、かつて道だったことは疑いませんが、今は誰も歩かない廃道と化していました。

荒れた谷と植林帯の急斜面、とどめは藪こぎで女房のブーイング。今日の私は株価と同じ一時500円安でしたが、帰りに「がいな製麺所」に寄り、美味いうどんをおごったので、わずか持ち直したようです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン