YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

晴天の貫山、平尾台 上貫ルート

にっしーさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2015年11月より登山を始めました。
    まだまだ初心者ですがよろしくお願いします。

    雪の英彦山をメインに登っていて
    雪景色や季節の花の写真を撮っています。
  • 活動エリア:福岡, 大分, 大阪
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

平尾台・貫山

2016/01/06(水) 14:30

 更新

晴天の貫山、平尾台 上貫ルート

公開

活動情報

活動時期

2015/12/14(月) 09:10

2015/12/14(月) 17:49

アクセス:171人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,573m / 累積標高下り 4,569m
活動時間8:39
活動距離17.69km
高低差723m
カロリー3845kcal

写真

動画

道具リスト

文章

11月下旬に来たときは、あいにくの曇り空。
写真を撮るならやっぱり青空だよな、と言うことで
天気を確認後、10分で用意を済ませ急いでバス停に。

平尾台への交通機関が11月いっぱいでお休みに入ったので
事前にネットで情報を調べていた上貫ルートから登ることにしました。

一番近いバス停は上貫バス停なんですが、本数が少ないので
その次に近い貫弥生が丘3丁目バス停で下車。
9時10分にバス停から貫山を目指しました。

しばらく歩くと遥か彼方に貫山らしき山が・・
あんなに遠くなのかよ~ と思いながら登山口まで
地味に続く坂道を歩きました。

登山口までは約1時間
平尾台方面とはまったく違う木々の生い茂った山道を登り
12時20分に貫山 山頂に到着。
前回、道を間違えて来れなかったので大満足。
貫山からの景色も最高でした。

達成感に浸りながら山頂でご飯を食べて休憩を取った後、大平山に向かいました。
平尾台はカルスト台地の岩をくぐり抜けるのが楽しいんですよね~。

大平山の山頂から貫山に引き返し、バスの時間に合わせて下山。
今までで一番時間がかかり疲れました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン