YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

関ノ入尾根から低山縦走

いたづらパパさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:なまった体を叩き直すために山歩きを始めました。
    日帰り登山が基本です。
    登っている時は「2度と登らない」と思うのですが、帰宅すると不思議と地図を広げて「次はどこ登ろうかな?」と考えている自分がいます。
    これが山の魅力なんでしょうか。
    まだまだ素人ですが、マイペースで頑張っていきます。
  • 活動エリア:埼玉
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1968
  • 出身地:兵庫
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

日和田山・物見山・天覧山・多峯主山

2016/01/09(土) 17:57

 更新

関ノ入尾根から低山縦走

公開

活動情報

活動時期

2016/01/09(土) 08:45

2016/01/09(土) 13:33

アクセス:134人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,277m / 累積標高下り 1,271m
活動時間4:48
活動距離9.08km
高低差325m
カロリー3237kcal

写真

動画

道具リスト

文章

こんにちは。
2016年登初めとして、正月でなまった足の足慣らしとしてまだ行ったことのない日和田山を目指しました。
武蔵横手駅をスタートし、マイナールートである関ノ入尾根を歩きだしました。
長尾根山までは、傾斜も緩く快調にあるきます。長尾根山直下は少し急でザレている上に落葉がすごく、滑ります。
五常山、土山を過ぎ北向地蔵までアップダウンも余り多くなく、快適な尾根歩きですが、全く展望もなく、ただのピークハントだけが目的となります。
北向地蔵の少し上に日があたる休憩スペースがあり、ひなたぼっこを楽しみました。
北向地蔵からは、歩き易いハイキングコースとなっていて、沢山のハイカーとすれ違いました。物見山では沢山のハイカーが昼食をとっており、皆さん楽しんでました。
日和田山で、本日唯一と言ってもいい展望がひらけ、スカイツリーも見えました。
山頂で昼食をとっていると、隣で休憩していた親子の会話が面白かったです。
子供「東京タワーが見える」
親「見えないよ」
子供「見えるよ」
子供は赤白に塗られた鉄塔を東京タワーと言ってたようです。

日和田山の下りで男坂を下ってしまい、嫁さんが本日初転倒。
淡々と高麗駅を目指し、本日は終了。今日は満足度が低めの山歩きでした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン