YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

関八州見晴台

せのさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:妻と息子が山の日生まれ。子供が歩けそうな山にはファミリーで登る二児(6歳と1歳)の父。栃木県宇都宮に生まれ幼少期から親父の山行、ハイキングで野山に親しむ。
    高校生からは音楽に目覚め、めっきりインドア派となり、親父のお誘いは適当にスルー。大学生、社会人になってからは年に2、3回、帰省するタイミングでお供する程度だったが子供が生まれピクニックやバーベキュー、キャンプ、ハイキングなどの外遊びを通じて、再び自然の美しさと厳しさに惹かれるている。

    山用テントも準備したところで、さてどこをどう歩こうか。ピークに拘らずお気に入りのトレイルを見つけたい。
  • 活動エリア:東京, 埼玉, 山梨
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1977
  • 出身地:栃木
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

日和田山・物見山・天覧山・多峯主山

2016/10/10(月) 19:07

 更新

関八州見晴台

公開

活動情報

活動時期

2016/01/09(土) 08:38

2016/01/09(土) 13:44

アクセス:272人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 830m / 累積標高下り 878m
活動時間5:06
活動距離10.59km
高低差613m
カロリー1943kcal

写真

動画

道具リスト

文章

前夜娘をお山に誘ってたが、長縄跳びがどーのこーの、と話を逸らされた。
6時に起床し、再度お誘いしたら寝ぼけながら「いく」と言うので準備する。一向に起きてこない‥。「眠くて眠くて行けない‥」とのこと。

いつものようにどこを歩こうかと電車で地図を眺めて関八州見晴台に決定する。

1人だし天気も良いし工程短いし、終始のんびりと歩く。
見晴台からはぐるっと関東を見渡せた。風もなく暖かな山頂のランチタイム。

下山は虚空蔵山というカッコいい名の山頂に立ち寄り、570ピークから瀬尾へ。長沢川が高麗川に注ぐまでせせらぎと共に舗装路を行く。

また娘を誘って来よう。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン