YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

硫黄岳~根石岳~東天狗~黒百合ヒュッテ~唐沢鉱泉

稲荷碗さん

  • マイスター  ブラック
  • 自己紹介:日本人なら一度は!と、思い立って登った富士山が、恐らく人生初登山!
    体力づくりと禁煙のため、そうだ!もう一度あの富士山に!と目標を定め、
    近場の丹沢近辺から登り始めた初心者です。よろしくお願いします^^
  • ユーザーID:23184
    性別:男性
    生まれ年:1970
    活動エリア:神奈川, 山梨
    出身地:福島
    経験年数:3年未満
    レベル:初心者
  • その他 その他

八ヶ岳

2017/05/27(土) 23:43

 更新
山梨, 長野

硫黄岳~根石岳~東天狗~黒百合ヒュッテ~唐沢鉱泉

活動情報

活動時期

2016/01/10(日) 06:42

2016/01/10(日) 13:13

ブックマークに追加

アクセス

426人

文章

八ヶ岳の硫黄岳と天狗岳をメインにした周回ルート!

車を止めた河原木場沢の上流、醤油樽ノ滝を登ったという方のネット記録を参考に、硫黄岳から天狗岳を巡り、枯尾の峰から直接、駐車したスペースに戻るルートで計画!
東天狗から西天狗を経、西尾根を直接、枯尾の峰に向かうつもりだったが、時間に余裕があったので、黒百合ヒョッテと唐沢鉱泉を回るルートに変更。

他の方々の直近の記録を見ても、やはり雪が少ないとのことだったので、3シーズン用のブーツにチェーンアイゼンの軽装備!周りは、厳冬期ブーツに12本アイゼンの人が圧倒的に多かったが、同じくチェーンアイゼンの方もいました。

早朝3:00に起床し、横浜を3:30前に出発!ちょっと迷って^^!6:30頃に目的の駐車場に到着♪
唐沢鉱泉と桜平・夏沢鉱泉の分岐からは、ダートですが、凹凸なく走りやすい道でした。
自分が駐車スペースまでは雪がなかったですが、ここからゲート前の桜平まではアイスバーンの箇所があり、スタッドレスが必要です。
山と高原地図では「普通車・タクシー通行可 積雪期の車通行不可」となっていますので今後は状況により確認が必要かもしれません。

桜平は60台程駐車スペースがあり、奥と手前に分かれていて、奥は未確認ですが、手前は7:00過ぎの時点でまだ空きがあるようでした。

オーレン小屋からは赤岩の頭経由で硫黄に向かいましたが、森林限界の赤岩の頭近くになると、トレースが雪に覆われていたり、途中杉の枝が両側から雪の重みで張り出していて、歩きにくい箇所がありましたが、ここまでストック、ツボ足で来れました。
赤岩の頭に出る直前に、チェーンアイゼンを履き、ストックをピッケルに交換、さらに防寒・防風対策をしています。
ここからは赤岳鉱泉からの登山者が合流し、にぎやか?で、人がいると安心します。

硫黄山頂から根石岳までは、また寒さでiphone落ち、ログが飛んでいますが、寒さと北西から火口へと強風が吹き、写真撮影どころではなく、注意が必要でした。
樹林帯に入れば、風もなく穏やかなのですが、天狗岳への登りになるとまた強い風が吹いていました。

枯尾の峰からはヤブ漕ぎだと聞いていましたが、道なき道を降りて行く感じで、雪があれば良かったですが、全く雪はなく、ちょっと大変でした。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間6時間31分
  • 活動距離活動距離16.20km
  • 高低差高低差1,123m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,863m / 1,881m
  • スタート06:42
  • 1時間11分
  • オーレン小屋07:53 - 07:55 (2分)
  • 1時間0分
  • 硫黄岳08:55 - 09:51 (56分)
  • 10分
  • 根石岳10:01 - 10:09 (8分)
  • 54分
  • 黒百合ヒュッテ11:03 - 11:18 (15分)
  • 48分
  • 温泉12:06 - 12:07 (1分)
  • 1時間6分
  • ゴール13:13
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン