YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

出雲北山の初詣「朝村社」へ

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

日御碕

2016/01/10(日) 22:36

 更新

出雲北山の初詣「朝村社」へ

公開

活動情報

活動時期

2016/01/10(日) 12:38

2016/01/10(日) 17:07

アクセス:478人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,648m / 累積標高下り 1,588m
活動時間4:29
活動距離7.48km
高低差387m

写真

動画

道具リスト

文章

個人的には満足でしたが、半分以上がマニアック道ですので、お勧めしません。

当初の目標
「 朝村社を拝む → 朝村山 → かがち山 → 高鍔山 → 来成峠から尾根を北側へ → バイパス道から戻って来る → 北側から鼻高山山頂を通過し、尾根の南側へ出る → 東稜主峰 → 東稜Ⅲ峰 → 坊主山 → 鍛冶屋谷へ戻る 」

結果
「 朝村社を拝む → 浅村山 → かがち山 → 高鍔山 → 下山 」

まず、目的である朝村社へ正面(鍛冶屋谷)から登ります。参道を進んでいる筈ですが、テープが無いと分かりません。獣道風な道をかき分けて進むと、突然、巨大な灯篭が立っていた。他には何の構造物も無かったが、その辺が朝村社だと思い、拝んだ。

谷から東側の尾根へ進み、麓から見ると、尖って見える朝村山山頂へ立つ事ができた。それより上方は岩地帯が続くので、岩の下を西へトラバースし、次の目的地である、かがち山へ向かう。再び、道なき道を這い上がると、派手なテーピングの尾根に到着。この尾根を、手前に200mほど進み、突き出した先端が、「かがち山,十楽寺跡」。

さて、ここから何処へ向かおう。まともに獣道を隣の谷へ行く勇気はない。一旦下山してから登り直そうと、テープを確認しながら降りて行ったが、途中でまた、テープを見失った。確か前回来た時も同じ所で道が分からなくなったんだ。谷合いにある鹿のフェンスまで降りて行き、大きな道を登り直した。高鍔山へ向かうが、道が分からない。もう夕方4時なので、時間短縮の為、直登で強引に山頂へ到着。

さて、日暮れまで残り40分。鼻高山山頂へ向かうと、途中でヘッドライト点灯になってしまうので、あえなく、下山の道へ。かなり降りた所、標高50m付近には、天平古道が横に走っているので、これを利用すれば、下界に下りずに元の場所へ戻られる。一つ尾根を越えて、元の鍛冶屋谷へ下りてきた。天平古道って、けっこう便利だと思った。

鼻高周辺の全山徘徊コースを予定していたが、道がわからず、途中で下山する事になってしまいました。でも、まだ行った事のない場所をまわる事ができ、満足でした。

1枚目の写真は、高浜コミュニティ-センターで売っている「高浜探訪」という本(1300円)から抜粋。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン