YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

六甲全山縦走(塩屋~宝塚)1テン泊2日 APC1.0

秀とろさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2015年3月に相模原から神戸に引っ越してきました。

    小6の息子、小2の娘、妻と一緒に一家4人で登山をしています。

    息子が年長のとき、保育園の先生に勧められ、ほちゃほちゃだった息子の体力作りのため山登りを始めました。

    数年後、息子の腹筋が割れました。

    そして、その先生のお蔭で、「山登り」という家族みんなの趣味ができました。

    YAMAP地図のコースタイムと実際にかかった時間の比較の目安として
    APC値(Actual time Per Course time)(勝手に命名)を記録してます。

    定義:APC値=(実際にかかった休憩込みの時間)/(コースタイム)
    ※ただし、昼飯などの長い休憩はAPC値に含めてません。
    ※参考程度の数値です。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ルート難易度感想例一覧(活動日記に書いたLvの照会用)
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ・私の個人的な感想なのであくまでご参考程度に。
    ・純粋な通過技術難易度で、迷いやすさや、気象の変わりやすさ等は考慮していません。
    ・無積雪期好天時。難易度は天候に寄って大きく変わる可能性があるのでご注意ください。
    ・Lv11をMAXに設定している訳ではありません。それより難しいのはまだ行ったことがないだけです。
    ・ご意見があればメッセージをください。

    Lv1 六甲山(兵庫)魚屋道、高尾山(東京)全ルート、木曽駒(長野)千畳敷カールから中岳経由

    Lv2 木曽駒(長野)中岳の巻道、至仏山(群馬)東面登山道

    Lv3 空木岳(長野)大地獄・小地獄、伯耆大山(鳥取)ユートピア、岩殿山(山梨)稚児落とし方面

    Lv4 六甲山(兵庫)芦屋地獄、六甲山(兵庫)AB懸ルート

    Lv5 宝剣岳(長野)北陵、槍ヶ岳(長野)槍の穂先、空木岳-桧尾岳間(長野)

    Lv6 宝剣岳(長野)南稜

    Lv7 六甲山(兵庫)西山谷、石鎚山(愛媛)三の鎖、試しの鎖

    Lv8 六甲山(兵庫)大月地獄、中俣、剱岳(富山)別山尾根、金峰山(山梨)五丈岩

    Lv9 六甲山(兵庫)A懸岩

    Lv10 鳳凰三山(山梨)オベリスク頂上岩

    Lv11  六甲山(兵庫)プロペラ岩

  • 活動エリア:兵庫
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1978
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

六甲山・長峰山・摩耶山

2016/01/12(火) 08:47

 更新

六甲全山縦走(塩屋~宝塚)1テン泊2日 APC1.0

公開

活動情報

活動時期

2016/01/09(土) 08:27

2016/01/10(日) 19:04

アクセス:540人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 6,963m / 累積標高下り 6,944m
活動時間34:37
活動距離47.75km
高低差963m
カロリー19900kcal

写真

動画

道具リスト

文章

※GPSの調子が悪くて、所々距離がショートカットされています。少なくとも六甲全山縦走距離の56kmは歩いている筈です。

須磨から宝塚までの六甲全山56㎞を一日で歩く六甲全山縦走大会なるものがあることをYAMAPで知りました。ぜひそのコースを歩いてみようと、今週末に行ってきました(須磨より少し西の塩屋を出発点にしました)。ただ、小1の子が1日で歩くのは厳しいので、テントを担いで1泊2日で行ってきました。それでも長いコースには変わりなく、2日目の最後はナイトハイクになるかもと思っていたら、やっぱりそうなりました。(1日目に2時間の寝坊をしたこともかなり響いてはいます。)

テン泊なので荷物が重くなり、私20キロ、妻・息子11キロ、娘5キロ。もう少し軽量化したいところなのですが、今のところ解決策がわかりません… でもまあ、56㎞とはいえ大会では1日で歩くのだから、アップダウンは大したことないだろう、荷物が重くても大丈夫だろうとタカをくくっていたら、なかなかどうしてハードな道のりでした。

コースはひと山ふた山越えては市街地を歩いたり、六甲山上でも頻繁に車道歩きがあったりと、そういう意味ではあまり癒しの道ではありませんでした。ただ、全行程の最初から最後まで、かなりの頻度で海の眺望が得られる点は他の縦走にない魅力だと思います。個人的には山の上から神戸の街並みを見るのも好きです。また、続行が難しくなった時のエスケープルート(場所に寄ってはバスもあり)がたくさんあるのはこのコースのいいところです。

野営は市が原、うまく行けば摩耶山でと思っていましたが、1日目の寝坊が響き、結局市が原より少し手前の鍋蓋山山頂でテントを張りました。この夜は寒さで熟睡できませんでした(息子のみ寒くなかったそうです)。シュラフはリミット温度5℃のアルパインダウンハガー800#5(モンベル)で、シュラフカバーを付けていました。寒い時期用にもっと温かいシュラフを買うか、サーマルシーツを買うか迷い中です。

さらにこの夜は真夜中に何組かのナイトハイク集団が通りかかり、また一度は動物らしきものがテントの周りを歩きまわり、その度に警戒心で目を覚ましました。中でも、ボーイスカウトなのか小学生が複数いるらしい集団が、「あ、テントがある」、「起きろー」などと叫んできたのは勘弁してほしかったです(笑)(これで家族全員目を覚ましました)。今回、身の危険を感じるほどのことはありませんでしたが、やはり正規のテン場ではないところに自分達だけというのはそれなりの怖さがあります。そう言えば、大学生のとき大井川の橋の下で一人野宿をしていてヤンキーに絡まれたことがありました。その時は、寝袋に入ったままシュタッと立って、「なんすか?」と言ったら、関わっちゃいけない人に見えたのか、舌打ちして去ってくれて事なきを得たのでした。

話がそれました。

ナイトハイクに関しては、全山縦走大会が最後のほう夜道を歩くことを前提にしているところがあるので大丈夫と思っていましたが、やはり、最高峰-宝塚間は比較的歩きやすい道でした。が、所々滑りやすく、補助用のロープが備わっているようなところもありますし、下手をしたら滑落をするようなところもあります。また、当然全員ヘッドライトは必要ですし、普段山道を歩きなれていないと危ないと思います。動けなくなった時のためにツェルトもあった方がいいと思います(ナイトハイクの予定がなくてもあった方がいいですが)。それにしても、夜中に聞こえた小学生の声といい、六甲山はナイトハイクが盛んなのでしょうか。

今回の山行は、それなりに自然や景色を楽しむことができましたが、体力的にはこれまでの山行の中でも何本かの指に入る辛さで、修行の要素が強かったです。1日目から2日目にかけて、妻、私、娘と順番にバテて後れを取り、その度に元気な人に荷物を振り分けるなど協力しながら歩を進め、やっとゴールできました。大人があれだけ辛かったのに、子供たちは本当によく頑張ったと思います。冷静になって考えると、子供の成長スピードの速さに驚かされます。

それと今回、子供の回復力にも改めて驚かされました。宝塚に着いたとき、家族全員足が痛くて大変なことになっていたのに…翌日の朝、足が痛い、腰が痛い、筋肉痛が…と言う私と妻を尻目に、子供たちは「どこも痛くない」と平然としていたのでした。

今回は辛さが目立ってしまったので、次回はゆるりと楽しめる山に行きたいです。

1日目 行動時間8:50+昼飯0:20 コースタイム7:55 APC1.1
2日目 行動時間10:35+昼飯0:45 コースタイム10:45 APC0.98
トータルAPC1.0

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン