YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大菩薩~牛奥ノ雁ヶ腹摺山回り道

なおっぺさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:近畿全域に出没注意
    20km~30kmのロング縦走がメインどす。
    やりすぎなのか健診で洞徐脈の疑いが・・?

    関西100名山に挑戦中:
    35/100

    お金が減るのが凄くても泣かない。
    ぼっちでも泣かない。
  • 活動エリア:兵庫, 大阪, 京都
  • 性別:男性
  • 生まれ年:2016
  • 出身地:岐阜
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

大菩薩嶺・ 鶏冠山(黒川山)・倉掛山

2016/01/10(日) 22:53

 更新

大菩薩~牛奥ノ雁ヶ腹摺山回り道

公開

活動情報

活動時期

2016/01/10(日) 07:03

2016/01/10(日) 15:33

アクセス:195人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,893m / 累積標高下り 1,959m
活動時間8:30
活動距離23.42km
高低差1,208m
カロリー3681kcal

写真

動画

道具リスト

文章

3連休の真ん中は快晴ということで以前から行きたかった大菩薩嶺に行くことにしました。
地元からは始発でも間に合わないので近場のネカフェで一泊し塩山駅へ。
6:40のバスで登山口へ。
何千、何万と踏み慣らされた山道を進み丸川峠で本日一発目の富士山。そのまま進んでみると何やら開けたとこに出たな~と思ったら噂通りなにもない所に100名山の看板が・・・。
しばし南下したところの雷岩で素晴らしい景色キターーーーーーー!
ここから大菩薩峠まで絶景が続き、写真が50枚くらい同じような景色を撮ってしまいました。

時間もまだ10時30分過ぎと余裕だったのでついでに秀麗富嶽十二景のNO2牛奥ノ雁ケ腹摺山を目指すことにしました。
12時丁度くらいに牛奥ノ雁ケ腹摺山に到着。さすがいい富士。
ここから石丸峠へ戻り裂石まで戻りましたが、いっそ大菩薩湖のバス停まで下って小屋平まで林道を歩いたほうが早く帰れることに途中気づく。

小屋平から裂石までは雪より枯葉ばかりで汚れ防止が必須。
帰りには大菩薩の湯に浸かりサパーリ。いやぁ疲れた体に温泉って素敵やん?

登りもきつくなく、一度大菩薩嶺まで登ってしまえばアップダウンもほとんどありません。
踏み鳴らされて歩きやすさも余裕でした。

大菩薩峠バス(7:00)→丸川峠(8:30)→大菩薩嶺(9:30)→大菩薩峠(10:20)→小金沢山(11:30)→牛奥ノ雁ケ腹摺山(12:00)→石丸峠(13:00)→小屋平バス(13:40)→千石茶屋(15:00)→大菩薩の湯(15:20) 帰りのバス16:40

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン