YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

西穂高独標 2701m ホワイトアウト

やまぶ~さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:ヤマップは過去を通してどれだけ登山してきたのか、
    月、どれくらいのペースで行けてるのか、振りかえれる
    とても便利なアプリである。
    私の足跡でもあり、宝物でもある。

    ヤマップは、同じ趣味の方と共有したり、情報も検索し、次の山行きの準備に備える。
    なくてはならない情報元である。
    どんどん、知らない同じ趣味のかたと繋がっていく。
    無理のない計画と、自分なりの山行きを心がけて趣味を全うしようと思ってます。
    危険な場所も行く時もありますが、決して遭難、事故はあってはいけない。
    自分のスキルを磨くため、独学ではありますが、少しずつ経験していこうと思ってます

    私なりの山の情報を伝えていきたいと思います。
  • 活動エリア:岐阜
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2016/01/12(火) 00:34

 更新

西穂高独標 2701m ホワイトアウト

公開

活動情報

活動時期

2016/01/11(月) 10:15

2016/01/11(月) 15:19

アクセス:667人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,078m / 累積標高下り 1,208m
活動時間5:04
活動距離6.60km
高低差610m
カロリー2602kcal

写真

動画

道具リスト

文章

朝、5時に家を出る
東海北陸道にのって、白川ICを下車して銚子ケ峰に行く予定でしたが、白川IC付近までくるとまだ暗い。朝の7時。
以外と早くここまでこれたので、何か物足りない。もう少し運転したいなと。。。
急きょ、予定変更。
西穂高へ行きたいと。白川ICをスルー
以前ヤマップのaKIHIROさんのログを思い出して、コンビニのJTBチケットが安い。
ひるがの高原SAのコンビニ。サークルKにてロープーウエイのチケットをゲットしました。最後の写真。
通常2900円が2300円になります。2人分買いましたので1200円お得。
その後、ノンストップで、ロープーウエイ乗り場まで向かう。
シーズン中は鍋平公園駐車場に停めれるんですが、今回、冬季中に付、途中までしか行けれません。
時間は9時。やばい、もうこんな時間。
いまさら迂回して下の駐車場まで戻れない。
少し歩く距離がありますが、今回は情報不足と時間不足でここから歩くことにした。
ロープーウエイまでおおむね20分位、もう汗だくです
山頂駅に着いたころには、すでに10時。アイゼンや、なんやらで、スタートできたのが10時半。
西穂高の主峰まで行きたかったのですが、独標までの山行きになりそうです
想像してたより、雪が2mほどあります。やったー これこれ。
雪景色がとても綺麗です。トレースもしっかりあって、夏山より歩き安い。
1時間ほどで、西穂高山荘に到着。
それより上は視界不良と強風。
先にお昼を済ませます。
山荘に入ってカレーライスとおでんを頂きました。
時間は12時。もう時間が無い。
タイムリミットは独標を14時に折り返さないと、帰りのロープーウェイに間に合わない。
山荘にザックをデポしました。
身軽になったので急いで独標に向かいます
とにかく強風、視界も悪い。
向かっている人、すれ違う人、2、3人ほど。
心細い。
でも行く。行ってやる。
丸山あたりまでトレースがある、稜線も広い。
それ以降はトレースも雪と強風ですぐ消えてしまう。
登りはよいが、帰りは道迷いが心配。
夏山を思い出しながら、とにかく登る。
先が見えないので、まだか、まだかと。1時間。
ようやく独標あたりの岩山が見えてきた。
足場を探して右周りでいくと、わずかにクサリがあった。
すごく助かる。
クサリがなくなって独標までおよそ15mくらい。
ここからが危険。アイゼンをきかしながら、ピッケルで凍った雪を突き刺す。
落ちたら命が無い。
自分を信じて、慎重に登りきった。
不思議な世界です、独標山頂はなんと、無風です。
寒くありません。
タバコに火を付け休憩と記念撮影。
直ぐ後から追ってこられた方に、ロープをたらしてあげて、補助させてあげました。
お互いに写真を撮って頂きました。

西穂高山荘まで下山したら、山頂で一緒にみえた方がいましたので、
おつかれ様と言って、ハイタッチです。

最終30分前のロープーウエイに間に合いました。
今日も楽しい山行きが出来ました。

ありがとうございました

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン